相続した土地、マンションでの注意点

税金のしくみはややこしいものですが、相続した土地やマンションの扱いについて注目すべきポイントをおさえておきましょう。

マンション相続の注意点

マンションという物件は、持っているだけで管理費や修繕積立金、固定資産税等の経費が掛かるので、非常に扱いが難しい財産と言えます。特に築年数の古いマンションでは、立地などの条件にもよりますが、売るか貸すかは非常に悩ましいものです。上手く貸すことができれば安定的な収入を継続的に得られますが、上手くいかないこともしばしば。ものによっては売却してしまった方がいい場合もありますので、迷った場合は一度専門家に相談してみるといいでしょう

残したい土地と、売却してもいい土地の見極めが重要

相続税のことだけを考えるなら、いい土地から売却してしまうのが一番です。しかし、長く維持する価値のある土地なら、たとえ相続税が発生しようとも売らずに残すというのも良い選択です。どちらが得かを見極めるには、残したい土地と売却してもいい土地に区別すること、そしてそれによって納税計画を立てることが大切です。複数の土地を持っていてどちらを処分すべきか迷うような場合は、駅から遠いところから処分をしていけば失敗は少ないでしょう。

相続、事業用、居住用財産の特例を上手に利用する

特例については国税庁のホームページで調べることが出来ますが、特定の不動産を売却した場合の軽減措置や、その後新たな償却資産に買い換えた場合の特例措置として受けられる特例があります。一定の要件を満たしている必要はありますが、土地や建物を売却した場合の譲渡税を繰り延べできるため有効です。もしそういった特例に当てはまりそうなら、調べてみると良いでしょう。

立地を重視した不動産への組み替え】

相続においては、不動産は現金に比べて扱いの難しい財産です。分割や譲渡が難しく、しかも高額なため、不必要な不動産を持ち続けることは相続上マイナスなのです。その不動産が持っているべきか否かを見極める必要があります。不動産投資において収益を得るための第一条件は立地とよく言われますが、郊外の土地は収益力が少ない割に保有コストが高いという問題を抱えがちです。もしそういった土地を持っているのであれば、積極的に売却し、買換えや現金化を行うと良いでしょう。節税効果を第一に考えるなら、都内の収益物件を購入することが最も効率の高い選択といえます。

PR
ページの一番上へ戻る
新着企業
2019/01/23
ハウスドゥ!朝霞根岸台店 アルスビレッジ株式会社様にご掲載いただきました!
2018/10/12
アルガホーム株式会社様にご掲載いただきました!
2018/09/18
株式会社夢のおてつだい 豊川八幡店様にご掲載いただきました!
2018/06/27
原田建設様にご掲載いただきました!
2018/03/02
アイエス株式会社様にご掲載いただきました!
新着情報