不動産の分割方法

不動産の分割方法には、下記のようにいくつかの種類があります。

1.現物分割
もともと一つの土地として存在している不動産を、相続人の数だけ分割して相続する方法です。「分割する」と簡単に述べましたが、その方法は簡単ではありません。
きちんと測量などをしなければなりませんし、不動産自体にも杭などによって分割したことを永続的に示す境界線を設定しなければなりません。
登記簿の変更も必要です。ちなみに、登記簿上で一つの土地のことを一筆と呼び、それを分割して登記しなおすことを文筆と呼びます。
2.代償分割
相続人の1人が不動産を取得して、その代償として他の相続人には相続分に見合った金銭を支払う方法です。不動産の所有権で揉めさえしなければ、比較的分割しやすい相続法と言えるでしょう。
また、家族内で相続をする場合には贈与税の節税対策にもなります。例えば、父が亡くなり、相続人が母と子であった場合、父名義の自宅は母が相続し、その代償金を子に支払うといった方法です。通常、母から子へ多額の金銭が贈与されると贈与税の対象になりますが、それが不動産相続の代償としてならば贈与にはあたらないからです。
3.換価分割
不動産そのものの相続は行わず売却することで換金し、そうして得た金銭を相続する方法です。土地そのものの分割は手間がかかりますが、お金を分割するのは簡単なので、比較的分割しやすい相続法です。
4.共有分割
誰か一人相続するものを決めるのではなく、相続人全員でその不動産を共有する方法です。ある意味で公平な相続法ではあるのですが、その実相続人を増やす結果ともなり、不動産の処分や次世代での相続などの際前述の遺産分割協議や相続協議の項で挙げたリスクを抱えることにもなります。

揉めずに分割するためには?

分割方法にはいくつかありますが、スムーズにいかないケースもあります。文筆の方法で揉めることもありますし、そもそも更地を相続するというケースは少ないでしょうから家屋の処分はどうするのかという問題も発生します。その場合今度は代償分割の資金が得られないといった問題が発生するケースもあり、なかなか難しいものです。
そこでとりあえず共有分割でとなるケースも多いのですが、共有分割は前述の通りリスクもあるため見た目ほど簡単なものではありません。ですから、もし財産の中に不動産があるのであれば、いざ相続に直面する前にその処分について相続人同士で話し合いを持っておきましょう。

PR
ページの一番上へ戻る
新着企業
2019/01/23
ハウスドゥ!朝霞根岸台店 アルスビレッジ株式会社様にご掲載いただきました!
2018/10/12
アルガホーム株式会社様にご掲載いただきました!
2018/09/18
株式会社夢のおてつだい 豊川八幡店様にご掲載いただきました!
2018/06/27
原田建設様にご掲載いただきました!
2018/03/02
アイエス株式会社様にご掲載いただきました!
新着情報