住替え時の売却と購入のタイミング

家の住み替えをする家族

住み替えには、売却と購入のタイミングが大切であるのは間違いありません。しかし、タイムラグが生じず、スムーズに移行できるケースは非常に稀です。売却が先行したとき、購入が先行したとき、それぞれのシチュエーションで注意するべきポイントなどをご紹介していきます。

住み替えで売却と購入のタイミングが重要な理由

なぜ住み替えに際して売却と購入のタイミングが重要なのか。

それは、タイミングのズレがさまざまなリスクを引き起こしてしまうからです。

売却が先行した場合、新居の購入までの間、仮住まいが必要になります。これは費用負担の問題だけでなく、元の住居→仮住まい→新居という具合に、2度の引っ越しが発生するため、精神的にも肉体的にも負担がかかります。

逆に、購入が先行した場合、引っ越しの問題は発生しませんが、売却物件の維持をしなくてはなりません。売却価格も未確定ですし、既存のローンと、新規のローン2重返済になってしまう可能性もあります。それだけに、売れない期間が長引くと、資金計画やその他の事象に影響が生じかねません。

このようなリスクから、住み替えには売却と購入のタイミングが重要なのです。

売却先行と購入先行それぞれの特徴

不動産の売り買いのタイミングは、永遠のテーマと表現されるほど難しく、それぞれの状況により判断も変わってくるため、これといった正解はないと言われています。

では、売却と購入のどちらかが先行した場合、それに伴うメリット・デメリットはどういうものなのでしょうか。主たる内容をパターン別にご紹介します。

売却先行のメリット

  1. 新居の購入費用も含めた資金運用が明確になる
  2. 売り急ぐわけではないため高額の売却ができる可能性が高くなる

売却先行のデメリット

  1. 新居が決定するまで仮住まいになる
  2. 理想の新居像がない場合、明確な計画を立てづらい

購入先行のメリット

  1. 引っ越しや仮住まいなどの費用負担がない
  2. 希望条件に合った物件をじっくり吟味できる

購入先行のデメリット

  1. 既存の物件の売却時期が遅れると2重ローンになってしまう
  2. 価格交渉が買主主導になり低価格での売却になるおそれがある

メリット・デメリットを受けての重要ポイント

売却が先行した場合は、入居費用や仮住まい費用などの資金運用を予め計算することができます。期限を迫られているわけでもないため、高額な売却が出来る可能性も高まるでしょう。ただ、仮住まいの費用負担が予想以上に大きかったり、これと言った新居像を見いだせていない場合には、購入時期が遅れてしまったりと、それ相応のリスクが伴うことも事実です。

逆に購入が先に決まっている場合は、自身の希望に沿った物件をじっくりと選んだり、仮住まいをするなどの金額的な負担や、ストレスを抱えたりすることがありません。しかし、既存の物件の売却が進まなければ、2重ローンになってしまいますし、焦ることで価格交渉も上手く行かなくなってしまうことがあります。

このように、どちらを先んじて行ったとしても、メリットとデメリットは必ず存在します。ゆえに、一概に有利・不利を決定することはできないでしょう。

まずは、しっかりと費用やスケジュールを再確認し、売却・購入・住み替えの流れを把握するということが、重要になります。

ページの一番上へ戻る
新着企業
2019/01/23
ハウスドゥ!朝霞根岸台店 アルスビレッジ株式会社様にご掲載いただきました!
2018/10/12
アルガホーム株式会社様にご掲載いただきました!
2018/09/18
株式会社夢のおてつだい 豊川八幡店様にご掲載いただきました!
2018/06/27
原田建設様にご掲載いただきました!
2018/03/02
アイエス株式会社様にご掲載いただきました!
新着情報