住み替え前に知っておきたい、不動産の住み替えスケジュール

不動産の住み替えスケジュール

不動産を売却して住み替えを考えている方は、住み替えの実績に注目して不動産業者を選ぶ事をオススメします。

なぜなら、住んでいる住宅の売却と新しい物件の購入時期がうまく合わないと、余計な出費が必要となるばかりか、ストレスにもなるからです。

住み替えの一般的な流れ

住み替えは、スケジュールの策定が重要です。一般的な住み替えの流れを把握することで、無駄なく住み替えを行いましょう。

流れとしては概ね、以下のようになります。

  1. 住み替えの検討
  2. 業者を決め、売却と購入物件の検討・相談
  3. 予算組
  4. 媒介契約締結により販売活動開始
  5. 物件の売却or物件の購入

このように、売主と買主両方の立場で住み替えを進めていきます。

売却と購入が同時期に行われ、なおかつ円滑に引っ越しが終わるのが、住み替えの理想であることは間違いありません。しかし、上手くいかないことも多々あります。場合によっては売却と購入のどちらかを優先して行うという判断も必要です。

売却側と購入側2つの立場での住み替え活動

売主として(今の家を売却する動き)

専属専任媒介契約か専任媒介契約で1社に任せてしまうのが良いでしょう。
一般媒介契約ですと複数社とのやりとりが発生してしまいます。買い替えの場合は売却だけを行うわけではなく、購入にも労力を使いますので、1社に委ねて余力を残しておきたいところです。

購入希望者が現れれば内覧会を行うのもいいでしょう。このとき購入希望者から指摘された事や質問されたことは、自分が購入希望者として内覧会に参加するときの参考になりますので、メモをしておくと良いかもしれません。

買主として(新しい家を購入する動き)

購入するからには、理想の物件を探したいものです。しかし、初めから高い理想で物件を探すより、ある程度の希望をベースにしてできるだけ多くの物件を検討する事が、良い物件に出会うための近道となります。
内覧会にも積極的に参加し、そこで気になったことを自分の売却物件に当てはめて考えてみましょう。自分が気になるということは、他の人も気になる部分です。その後の売却活動に活用すれば、良い結果が生まれるかもしれません。

契約成立、そして引き渡しへ

物件売却に買い手が付き、気に入った物件を購入できる段階になったら、引っ越しの時期を考えなくてはなりません。どちらの契約も短期間にほぼ同時進行で行われますので、混乱しないように十分な準備を行いましょう。

特に購入物件と売却物件が離れた場所にあれば、それだけ何をするにも難易度が上がりますので、注意が必要です。不動産の購入と売却は別々の不動産業者を通して行うこともできますが、手続きが非常に煩雑になります。売却が決まったとしても売却先の買主の迷惑となり、価格に影響が出ないとも限りません。

何か特別な理由がない限りは、同じ不動産業者を利用することをオススメします。

ページの一番上へ戻る
新着企業
2019/01/23
ハウスドゥ!朝霞根岸台店 アルスビレッジ株式会社様にご掲載いただきました!
2018/10/12
アルガホーム株式会社様にご掲載いただきました!
2018/09/18
株式会社夢のおてつだい 豊川八幡店様にご掲載いただきました!
2018/06/27
原田建設様にご掲載いただきました!
2018/03/02
アイエス株式会社様にご掲載いただきました!
新着情報