不動産会社と付き合うメリット

不動産を紹介する女性

不動産の売却をビジネス以外で経験するとすれば、住み替えで古い住宅を処分する場合や、遺産相続で土地や家屋を整理する場合が考えられます。

しかし一般的には一生に何度も経験することでは無いため、不動産売却の分野において経験豊富な人はほとんどいません。かといって、不動産の売買は大きな金額が動く取引ですので、なんの知識もなく行ってしまうにはリスクが高すぎます。

不動産の売却を成功させるために必要な、不動産会社との付き合い方やメリット、選び方についてご紹介します。

信頼できる不動産会社を探す

不動産の売却をする際に、不動産会社を仲介せずに、自ら買主を探して個人間で売買することも可能です。法律上の問題はありませんし、仲介手数料がかからないというメリットがあります。

しかし、個人間での売却にはデメリットも存在します。

取引の際に必要になる法律や、税金などの様々な専門知識を必要とする不動産売却において、それらを全て把握するには多大な労力を要してしまいます。また、買主を探すためのノウハウが無く、広告費ばかりにお金がかかってしまう恐れがあります。

それよりは、不動産会社に依頼する方が確実に取引できるでしょう。経験豊富な不動産業者であれば、不動産売買における基本的な知識や、効率的な広告の利用方法を熟知しているからです。

なにより、個人間での売買で瑕疵担保責任が発生した場合の対応に注意しなければなりません。瑕疵担保責任とは、売買契約完了後に売主から説明を受けていない瑕疵(欠陥)が買主により発見された際に発生する、瑕疵修繕の義務のことです。ものによりその長短が決まりますが、不動産会社が仲介した場合、瑕疵担保責任は不動産会社が担ってくれることも、不動産会社に依頼する理由の一つです。

ただし、スケジュール管理に不備があったり、口頭での説明と書面とで差異が生じたりするような不動産会社にあたる場合があります。万が一、該当物件に悪評が立とうものなら売却どころではありません。

信頼できる不動産会社を探す事が不動産売却への第一歩なのです。

不動産会社の情報を調べる

なんの情報も無く信頼できる不動産会社を見つけるのは非常に困難です。そんなときは、不動産売却の経験のある友人や知人から経験談を聞いてみるのが良いでしょう。他にもインターネットで不動産会社の口コミを検索する方法もあります。

不動産会社から提供されている情報だけを鵜呑みにするだけでは予期せぬ思い違いをしてしまう可能性があります。そのため、実際に利用した人の評判は、何よりも有益な情報なのです。

また、不動産会社に依頼する前に一度「宅地建物取引業の免許」や「業者名簿」など、不動産会社の基本情報を自ら調べてみましょう。

宅地建物取引業の免許番号の確認

不動産の売買や仲介を行うために必要なのが、宅地建物取引業の免許です。

免許を習得しているかどうかは、その不動産会社のウェブサイトや、不動産広告に記載されています。この免許が無ければ一般的な不動産業を営む事が出来ませんので、免許があることが前提条件となります。

宅地建物取引業の免許の内容確認

宅地建物取引業の免許には種類があり、「都道府県知事免許」と「国土交通大臣免許」があります。

違いは、事務所の場所がどこに存在するかという違いで、都道府県知事免許は1つの都道府県内に事務所が存在する場合に必要な免許で、国土交通大臣免許は複数の都道府県に事務所が存在する場合に必要な免許です。

また、どちらの免許でも国土交通省のウェブサイトで、「宅地建物取引業者名簿」を閲覧することができます。この名簿には最初の免許取得の年月日、免許の有効期限、役員の氏名、すべての事務所(本支店等)の所在地、過去の行政処分の状況、他の事業の兼業状況などが記載されているので、該当の不動産会社の概要を知ることが出来ます。

業界団体への加入状況の確認

業界団体とは、事業者または事業者団体によって設立された非営利団体を指します。不動産流通業界では「公益社団法人 全国宅地建物取引業協会連合会」「一般社団法人 不動産流通経営協会」「公益社団法人 全日本不動産協会」「一般社団法人 全国住宅産業協会」の4つの団体があり、各団体では会員業者の育成や指導、業務支援に加えて消費者からの苦情相談などを行っています。

いずれかの団体に加盟している場合、不動産広告の不動産会社名近くに加盟団体が記載されています。

ただし、これらの情報だけで信頼できる不動産会社であるか判断することは出来ません。あくまでも参考情報として不動産会社選びに活用しましょう。

任せきりにしないことも大切

不動産の売却を不動産会社に任せるのが無難であることは間違いありません。しかし、全てを不動産会社に一任してしまい、その後関与しないという状況は避けるべきです。

担当者と売却条件などについて初めにきちんと話を詰めておくのは当然ですが、いくら最初によく話し合ったとしても、途中で状況に変化が生じた場合、すれ違いによって思わぬ損失を被ってしまいます。

そのため、状況の確認をするために適度に連絡を取り合うことは、売却をスムーズに行うために重要となります。もっとも、良い担当者であればこちらが動くまでもなく報告や相談の連絡が入るでしょう。

もしも、連絡してこないような担当者であれば不動産会社に連絡して担当者を変更して貰う必要があります。

不動産会社自体に不信感を抱いたとしても、不動産会社自体と媒介契約を交わしてしまったあとでは、契約期間が発生しているので容易に変更することはできません。媒介契約をする前に担当者や不動産会社を見極める事が重要となるでしょう。

物件を魅力的に見せる

いくら良い不動産会社に依頼することができたとしても、肝心の物件に魅力がなければ満足できる結果は望めません。

物件によっては簡単な掃除だけでなく、ハウスクリーニングが必要な場合があります。シンク下やキッチン、押入れや収納の中など、隠れた部分の清掃によってイメージアップにつながるでしょう。購入してからカビや汚れが発覚したというのも問題になりますので、細かいところまで清掃するようにしましょう。

また、物件を魅力的に見せるために、担当者との連携も重要です。

物件のメリットや特徴を買主に伝える際に、売主がただ物件のメリットを述べるだけでは信憑性に欠けてしまいます。そこで、第三者として担当者の客観的な意見が重要となります。

担当者との信頼関係を築き、正確な情報を共有することによって、買主に不信感を与えず、正しく物件の魅力を伝えることができるでしょう。

日本の不動産業全体には、平成18年度時点で320,474箇所もの事業所が有りますが、その中から物件売却のパートナーを選ぶのは途方もないことです。しかし、早急に一つの不動産会社に絞ってしまうのではなく、複数社の条件を比べて、自らに合ったパートナーを探し出すことが、不動産売却の成功に繋がるのではないでしょうか。

ページの一番上へ戻る
新着企業
2019/01/23
ハウスドゥ!朝霞根岸台店 アルスビレッジ株式会社様にご掲載いただきました!
2018/10/12
アルガホーム株式会社様にご掲載いただきました!
2018/09/18
株式会社夢のおてつだい 豊川八幡店様にご掲載いただきました!
2018/06/27
原田建設様にご掲載いただきました!
2018/03/02
アイエス株式会社様にご掲載いただきました!
新着情報