仲介不要で買い取ってもらう?不動産買取りを利用した売却とは

不動産買取

不動産売却には仲介業者を使って買い手を探す売却方法の他に、買取業者を使った売却があります。いちから買い手を探すことに比べれば簡単に商談がまとまる利点がありますし、相手はプロですので手続きも円滑に進みます。

どんなとき、買い取りを利用するのか?

1. 直ぐにでも売却したいとき

不動産業者に依頼して仲介してもらう場合、契約して広告を打ち、購入希望者と交渉……。通常の不動産取引の手順を踏むと、売却の完了まで数ヶ月かかることも珍しくありません。急な理由で遠方へ転居しなければならない場合や、急いで現金が必要という場合にはとても間に合いません。

2. 業者対応や買い手との折衝が面倒なとき

極力面倒な事を避けたい人などは、内覧会どころか購入希望者との交渉も嫌だというケースがあります。買い取りであれば不動産業者との接触だけで済むというわけです。

3. 通常の方法で売れないとき

これにはいくつかパターンがあります。

  1. たまたま買い手が見つからない……買い取りなら業者が買い取りますので購入希望者を見つける必要がありません。
  2. 一般向けではない物件なので需要が少ない……買い取りなら需要を考える必要はありません。
  3. いわゆる訳あり物件なので売りにくい……買い取りなら拒否されない可能性があります。
  4. 販売活動をできない理由がある……買い取りなら販売活動の必要がありません。

主な動機はこういったものでしょう。買取業者を使えば、このような問題も比較的簡単に解決します。

そもそも買い取りとはなんなのか

買い取りを行っている業者はただ単に不動産を買い集めているわけではありません。当然ですが、買った不動産を販売することで利益を上げる企業体です。一般の仲介業者なら、売主と買主の間に入って売買を成立させますが、買取業者は自身が買主であり売主となる点が異なります。

買い取りを使う場合のお金の話

買い取りの場合、仲介手数料がかかりません。また、買取業者はリフォームするなど手を加えて販売するケースも多いので、多少の不具合があってもこちらでリフォームする必要が無かったり、問題なく売れたりというメリットがあります。

しかし、買取業者は不動産を再販売することで儲けを出しますので、仲介業者を介した売却に比べると2割程度安い額での売却となります。この差は売却する物件によっても上下します。

不動産売却は時間が立つにつれて不利になることがあります。早く売却したい、どうしても買い手がつかないという場合は、売却金額に差があっても買い取りを視野に入れておくと良いでしょう。

ただし、普通の不動産業者は買い取りをしていない事のほうが多いので、買取希望の場合は大手業者を選ぶ必要があるかもしれません。

ページの一番上へ戻る
新着企業
2019/01/23
ハウスドゥ!朝霞根岸台店 アルスビレッジ株式会社様にご掲載いただきました!
2018/10/12
アルガホーム株式会社様にご掲載いただきました!
2018/09/18
株式会社夢のおてつだい 豊川八幡店様にご掲載いただきました!
2018/06/27
原田建設様にご掲載いただきました!
2018/03/02
アイエス株式会社様にご掲載いただきました!
新着情報