住み替えはタイミングが重要!住み替えの基礎知識と注意点

住み替えの基礎知識と注意点

住み替える場合に一番注意しなければいけないことは、売却と購入のタイミングです。

なぜなら、不動産の売買は思いついて直ぐに出来るものではありません。売却と購入のタイミングを合わせるのは、思っている以上に難しいと考えたほうが良いでしょう。

住み替えの基礎知識

住み替えとは、いま住んでいる家から別の家に引っ越すことで、別名「買い替え」とも言います。

主な流れは以下のとおりです。

  1. いま住んでいる住宅を売却する
  2. 新しく住む物件を購入する
  3. 引っ越しを行う

住み替えは、文字にすれば立った3工程で終わってしまいます。しかし、その作業は文字で見るほど単純ではなく、3つを上手く連携させるのが難しいのです。

まず、いま住んでいる住宅の売却には2つの方法があります。

  1. 仲介を頼んで買い手を探す
  2. 買い取りを利用して売却する

希望の住み替え時期にピッタリ持って行くなら(2)の買い取りを利用したほうが良いでしょう。なぜなら、(1)の仲介では成約までの時間が長くかかる上、下手をすれば売れない危険もあります。それに比べて(2)の買い取りなら、短期間で契約にたどりつけるからです。

買い取りを使って売却の時期を調整することができれば、あとはじっくりと購入物件を探す事ができます。

しかし買い取りの場合、通常の売却価格よりも安くなってしまうという欠点があります。もし、売却代金を住み替え物件の購入に充てるつもりであれば、買い取りでの売却は考えなおす必要あるでしょう。

そのため、売却の仲介を頼んだ不動産会社から購入物件の紹介を受けるか、住み替えを積極的に扱っている不動産会社と契約をするという方が多いようです。

売却と購入のタイミングに注意

いま住んでいる住宅を売却するということは、自分が住んでいる場所が一時的になくなるということです。住み替えで家がない状態を回避するなら、購入を先行するのが一番確実な方法です。しかし、資金面や住宅ローンとの兼ね合いなどで、なかなか購入を先行するのは難しいのが現状でしょう。

そのため、売却を先行する場合が多いのですが、物件の購入とタイミングを合わせないとなりません。不動産売却がスケジュール通りに進まず、急遽ホテル住まいになった場合などは、突然の出費に金銭面のスケジュールも狂わされてしまいます。

不動産の売却と購入のタイミングをあわせる自信が無いという方は、初めからそのような事態を想定して、一時的にホテル住まいをするとか、短期のアパートやマンションを借りることも念頭に入れておくと良いかもしれません。

いずれにしても可能な限りタイミングを調整して、仮住まいの期間を短くする事が望ましいでしょう。

ページの一番上へ戻る
新着企業
2019/01/23
ハウスドゥ!朝霞根岸台店 アルスビレッジ株式会社様にご掲載いただきました!
2018/10/12
アルガホーム株式会社様にご掲載いただきました!
2018/09/18
株式会社夢のおてつだい 豊川八幡店様にご掲載いただきました!
2018/06/27
原田建設様にご掲載いただきました!
2018/03/02
アイエス株式会社様にご掲載いただきました!
新着情報