不動産売却における2つの手段とは

不動産売却における2つの手段

二兎を追うものは一兎をも得ずということわざがありますが、これはぜひ不動産の売却時に肝に銘じておきたい言葉です。二兎に相当するのは早く、そして高くという2つの希望です。売却活動をしていく中で、どちらの要素が優先的であるのかをしっかりとしたビジョンで描いていく必要があります。このエントリーでは、納得のいく不動産売却を実現するための知識についてお話していきたいと思います。

不動産売却において早さと高さは相反するものと心得る

不動産の売却を考えたとき、そのルートは大きく2つあります。

  1. 不動産会社と媒介契約を締結して売却活動を行う
  2. 買い取り業者に売却する

媒介契約を締結して買い手を探す場合、早期の決着はあまり望めません。大まかな流れは、売却価格の設定から広告による集客、内覧会での物件説明、条件面の交渉などを経て、ようやく成約といった形が一般的です。それ相応の時間を必要とするのは致し方ないことでしょう。

一方で買い取り業者への売却は、早期に売却したいという意味での有効的な手段となります。反対に、高額の売却を希望している方にとっては、選択肢としておすすめできかねます。それは、買い取り業者という業態の性質を理解すれば、おのずと見えてきます。

買い取り業者は、手に入れた物件をリフォームし、商品として販売するために買い入れを行います。このときの売却金額の設定は、買い取り業者にとっての仕入れ金額となるわけですから、売却金額はなるべく安く収めたいという心理が働きます。

ですので、依頼者側の高額で売却したいという希望が通ることは、難しいと言わざるを得ません。その代わり、売却活動そのものに関しては、不動産会社へ依頼するよりも、速やかに進行するでしょう。

この対比からも分かる通り、2つの条件を満たすことは中々容易ではないということがご理解いただけると思います。

次のパートではまず、じっくりと手順を踏むことにより、高く売却できる可能性の高い、媒介契約について少し詳しく見て行きましょう。

3種類の媒介契約とそれぞれのメリット

媒介契約には3種類の方法があり、依頼者の方の状況によって適切な手段が変わってきます。ここでは、それぞれの契約内容を比較してみたいと思います。

  1. 専属専任媒介契約
  2. この専属専任媒介契約は、特定の不動産会社を1社に絞り、仲介を依頼する契約形態です。よって、他の業者への同時依頼や、自らが購入希望者を探すという活動はできなくなりますが、不動産会社側も成約に至った場合の報酬が確定しているため、広告費などをたくさん使った積極的な売却活動ができます。

  3. 専任媒介契約
  4. 「専任媒介契約」は、専属専任媒介契約と同様に仲介を依頼できるのは1社ですが、自らが購入希望者を探すことができるという部分に違いがあります。この契約では売主の親族や知人など、自ら見つけた相手であれば、依頼した業者を介さずとも売買契約を結ぶことができます。

  5. 一般媒介契約
  6. 前に述べた2つの契約と違い、複数の不動産会社へ仲介を依頼できる契約形態です。この契約には、依頼者が他にどのような業者と媒介契約を結んでいるかといった情報を開示する「明示型」と明らかにしない「非明示型」があります。売買契約が成立した際には、依頼している業者に成約がなされた事実を通知する必要があります。

専属専任媒介契約や専任媒介契約は、窓口を1社に絞る分だけ、不動産会社の積極的な売却活動を期待することができます。一方で、一般媒介契約は、複数の不動産会社に依頼することで、購入者側の入り口を広げるというメリットを有しています。それぞれのメリットやデメリットをよく把握した上で、活動方針を決定するとよいでしょう。

買い取りによる売却のメリット

前述のとおり、買い取りによる売却には「短期間で売却できる」という大きなメリットがあります。一般的なデータでは、平均して数日~数週間程度という期間内での決着です。一方で不動産会社の仲介による売却の場合は、早くて1ヶ月~2ヶ月という期間を見なくてはなりません。ここでは、他にも存在する、買い取り業者に売却するメリットをいくつか紹介していきたいと思います。

  1. 仲介手数料の有無
  2. 買い取り業者への売却をするメリットとして、仲介手数料が発生しないという点が挙げられます。不動産会社との媒介契約を結んで買い手を探すという方式ではなく、業者へ直接売却を行うため、こういった手数料が発生しないのです。仲介手数料の上限額は、「成約価格」×3%+6万円」という計算式でもとめられ、仮に1,500万円の不動産を売却した場合、仲介手数料の上限額は、51万円になります。

  3. プライバシーが守られる
  4. 買い取り業者への売却を検討される方は、転勤や失業などの理由から、売却を急いでいるケースが多いようです。その他も、デリケートな売却理由によっては、他人に知られたくないという気持ちが働くこともあるでしょう。買い取り業者との直接取引になる売却は、広告などの宣伝を必要としないため、情報漏洩のリスクが軽減されます。

早く・高く売るという難しさ

ここまでの流れで、高額売却と早期売却、それぞれのメリットと特徴を比較してきました。

結論から申し上げると、この2つの要素を同時に達成するということは、やはり難しいと言わざるを得ません。高値で売却したいと考えれば、不動産会社との媒介契約を通した積極的な宣伝活動を必要としますし、その上である程度の期間も要します。その逆もまた然りでしょう。

大切なのは、価格とスピードどちらを重視するのか、スタート時点でしっかりと見据えることだと思います。方向性の早期決定が、納得のいく売却における何よりの近道ではないでしょうか。

ページの一番上へ戻る
新着企業
2019/01/23
ハウスドゥ!朝霞根岸台店 アルスビレッジ株式会社様にご掲載いただきました!
2018/10/12
アルガホーム株式会社様にご掲載いただきました!
2018/09/18
株式会社夢のおてつだい 豊川八幡店様にご掲載いただきました!
2018/06/27
原田建設様にご掲載いただきました!
2018/03/02
アイエス株式会社様にご掲載いただきました!
新着情報