マンションの査定時に気を付けたいポイント

マンションの査定時に気を付けたいポイント

マンションの売却をする場合、通常、不動産会社の査定を受けます。この査定は、無料で請け負っている業者も多く、数社の中から一番条件の良いところを選択することが可能です。

しかし、他社よりも査定額が高いということだけで即決してしまうと、思わぬ落とし穴が待っている場合もあります。このエントリーでは、マンションの査定時に気を付けたい、いくつかのポイントについて触れていきたいと思います。

マンションの査定を複数社に依頼する意味

マンションの売却額を査定してもらう時には、1社査定だと、その査定額が妥当なものなのかの判断はできないと考えるべきです。不動産の知識に精通している方ならばともかくとして、一般の方は判断基準を持ち合わせていない場合が普通だと思います。

ゆえに、複数の不動産会社に査定依頼をすることをおすすめします。そうすることで、各社が提示する金額が近しければ、概ね相場付近だとわかりますよね。しかし、それなりの差が生じれば、相場とかけ離れた金額を提示しているということです。

複数の不動産会社に査定を依頼する理由は、適正かつ有利な売却価格を引き出すためであり、そのための売り出し価格を設定したいからです。

要注意!査定価格=売却価格ではない

不動産会社の査定はあくまでも参考価格であり、その金額をもって売却価格と決定するわけではありません。なぜなら、提示した査定会社と最終的な買い取りまでの付き合いになるか、この時点では確定していないからです。ここが、最も重要な部分になります。

ゆえに、飛び抜けた査定額の提示には慎重に対応を進めたいところです。その詳しい理由は次のパートでお話していきます。

高く売りたい心理が判断を誤らせる

不動産を売却するのであれば、なるべく高値で売りたいというのは当然のことですね。心理的には他社よりも高い査定額を提示してきた業者に依頼したくなります。しかし、ここでよく考えてみてください。なぜ他社よりも高い査定額を提示できるのか、その理由が何なのかということです。

一番に注意したいポイントは、媒介契約を獲得するために高価格提示をしているのではないかということです。悪質なものになると、高い査定額を示して契約だけは済ませ、その後営業活動などの販売努力もせずに、このままでは売れないからと値下げを提案してくるなどの例が挙げられます。

もちろん、購入を希望している可能性もあるので、一概に相場よりも高い査定が全て怪しいとは限りません。

そのため、短絡的に査定会社を怪しむ必要はありませんが、その査定額に至った経緯は、じっくりと調査するべきでしょう。

査定価格よりも信頼性を重視する

最終的に、査定に参加した不動産会社が買い取らないのであれば、査定価格の差を気に留める必要はありません。もともと、調査方法や、査定方法、その内容や精度も業者によってまちまちです。それよりも、地元相場などに精通し、なおかつ経験豊富な会社を選択するようにしてください。おのずと適正価格が分かってくるはずです。

マンションの査定は金額も大きな判断材料になることはもちろんですが、それよりも大切なことは、その業者が持っているノウハウや、担当者の人間性です。大きな金額が動くわけですから、信頼の置ける方に査定を依頼したいですよね。

ページの一番上へ戻る
新着企業
2019/01/23
ハウスドゥ!朝霞根岸台店 アルスビレッジ株式会社様にご掲載いただきました!
2018/10/12
アルガホーム株式会社様にご掲載いただきました!
2018/09/18
株式会社夢のおてつだい 豊川八幡店様にご掲載いただきました!
2018/06/27
原田建設様にご掲載いただきました!
2018/03/02
アイエス株式会社様にご掲載いただきました!
新着情報