不動産価格の決定方法を教えてください。
多くの場合、不動産会社からの見積もりを基に、売り主自身が価格を最終決定することとなります。一般的な価格算出方法は近隣物件の実際の販売実績に基づき、算出されるケースが一般的となっております。見積もりの算出方法は各不動産会社に質問することが可能です。
不動産会社の営業方法を教えてください?
中心となる営業方法は各不動産会社によって異なりますが、多くの場合、不動産情報誌、インターネット、チラシなど、不動産会社の保有するネットワークを 利用した営業を実施致します。媒介契約前に各不動産会社へ営業方法の詳細を質問する事が可能です。
土地の形によって不動産販売金額は変動しますか?
はい、基本的には正方形に近い形状が好まれ、販売金額に影響致します。また、道路との高低差や道路に隣接する部分の広さと奥行きの関係等も金額に 影響致します。まずは当サイトより見積もり依頼を実施して頂く事をお勧め致します。
ローンが残っている不動産の売却はできないのでしょうか?
不動産の売却までにローン等の残債の清算後、抵当権を抹消していただく必要があります。この際、担当の不動産会社へ相談の上、司法書士等の専門家に抵当権抹消の手続きを依頼して頂く事となります。担当の不動産会社からも詳細のアドバイスをもらえます。
購入者とのやり取りについて
購入者もしくは購入候補者とのやり取りに関しては、基本不動産会社が窓口となり実施いたします。購入者及び購入希望社からの希望や質問等も基本不動産会社経由で情報を得る事となります。
家の設備で壊れている部分はどうすれば良いですか?
不動産会社に思い当たる状況は全てお話しください。その上で、修理や現状維持等の条件を決めて行く事となります。
土地の境界がはっきりしていません
理想的には、売買契約以前に境界を判断する為の資料をもとに境界の断定を実施する事が最善です。その際、土地家屋調査士や測量士への依頼が必要となる場合があります。いずれの場合もまずは不動産会社へ相談をしましょう。
不動産の引き渡しの方法
販売不動産が家の場合、基本家具等は撤去し、空の状態での引き渡しとなります。鍵の受け渡し方法等、詳細は事前に不動産会社に確認しましょう。
不動産の所有者が複数人いる場合
この場合、基本的に単独での売却はできず。所有者全員の合意が必要です。また、取引には所有者全員の印鑑証明が必要となります。まずは所有者全員との事前の話し合いを実施しましょう。
契約から受け渡し迄の期間はどのくらいですか?
売り主の希望をもとに不動産会社が調整をいたします。売り主の希望を事前に不動産会社へ伝えましょう。場合によっては買い主の希望との調整が必要に なる場合がありますが、この場合も不動産会社を仲介として、不動産売却に関する詳細の日程を決定して行く事になります。
ページの一番上へ戻る
不動産査定エージェントの注意点

不動産査定エージェントはディーエムソリューションズ株式会社(以下「当社」といいます)と契約した、不動産査定業務を行う会社、または当社と業務提携している「スマイスター(https://www.sumaistar.com/)」を運営する株式会社シースタイルがサービスを提供しております。

不動産査定エージェントの利用規約、個人情報保護方針をご確認の上、ご利用ください。