仲介と買い取り何が違うの?自分に合う売却方法を選ぶ!

自分にあった売却方法

不動産の売却を行う場合、その方法は大きく分けて2通りあります。それは、仲介業者を介した売却と、買取業者への売却です。従来は仲介業者を利用した売却が圧倒的に多かったのですが、近年では買い取りの宣伝も多く見られるようになりました。

仲介と買い取りの決定的な違い

不動産を売却する際に仲介と買い取りの決定的な違いはスピードです。

仲介業者を介した売却の場合、どの時点で購入希望者が現れるのか、いつ売却が完了するのかもわかりません。売却まで長い時間がかかってようやく売却できる、というケースも少なくありません。

しかし買い取りの場合、物件に売買価値があれば、ほぼ売却が可能と考えて良いでしょう。実際に、買取業者との接触から1ヶ月もかからずに契約に至るケースがあります。

仲介と買い取りのその他の違い

仲介と買い取りの違いはスピードだけではありません。いくつかの点で大きく違ってきます。

仲介手数料

仲介業者には一般的に成約金額の3%に加え6万円(税別)の仲介手数料が発生します。しかし、買取の場合は業者自身が買主となりますので、仲介手数料は発生しません。

販売活動の有無

仲介の場合は買い手を探すために販売活動が行われます。新聞折込やポスティングいった活動です。
一方、買い取りは既に買主が決まっているので、こうした活動は必要ありません。そのため、広告の費用が発生しません。

瑕疵担保責任の有無

不動産を売却した後に欠陥が見つかった場合、売り手側にその欠陥を修復する義務があります。これを瑕疵担保責任と言います。

仲介の場合、この瑕疵担保責任を売主が負わなければなりません。しかし買い取りの場合、多くはその責任を負わなくていいのが特徴です。

売却金額を考える

ここまで仲介と買い取りの主だった違いを見てきましたが、肝心の売却金額に違いはあるのでしょうか?

仲介の場合、上述したように仲介手数料や販売活動のための費用、場合によっては瑕疵担保責任を負うことによって後々費用が発生するケースがあります。

しかしそれを加味してもなお、買取業者を利用した場合は売却価格が低くなる場合があります。

そもそも仲介業者は仲介手数料を利益としていますが、買取業者の場合は仲介手数料が発生しません。

どのように利益を得るのかというと、購入した不動産をリフォーム等して再度売却します。その売却金額から元々の購入金額、リフォーム等の金額を差し引いたものが利益となります。また、買い取った不動産に必ずしも買主が見つかるとは限りません。買取業者はそのリスクも負うことになります。

そのため、買取の場合は金額の設定がやや低めに設定されます。

仲介の場合は売却の為に広告を打たなければなりません。世間的に売却活動が広がるため、多くの人に物件の売却を知られてしまいます。

買い取りであれば当事者間だけのやりとりになるので、オープンに売却する必要がありません。そのため、近所や世間に知られたくない人は買い取りを考えてみても良いかもしれません。

ページの一番上へ戻る
新着企業
2019/01/23
ハウスドゥ!朝霞根岸台店 アルスビレッジ株式会社様にご掲載いただきました!
2018/10/12
アルガホーム株式会社様にご掲載いただきました!
2018/09/18
株式会社夢のおてつだい 豊川八幡店様にご掲載いただきました!
2018/06/27
原田建設様にご掲載いただきました!
2018/03/02
アイエス株式会社様にご掲載いただきました!
新着情報