不動産を高く売る為に売主が理解するべき買主の4つの心理

001

不動産を売るときに誰もが考えるのが「どうしたら高く売れるのか」ということでしょう。

当サイトでも売主様を幾度となく応援して来ましたが、やはりみなさんが関心を持たれる項目のひとつに「高く売る」が挙げられます。あえて買主様の視点に立ち、売主様が注意しておきたい4つのポイントについて解説いたします。

売りたい商品ではなく買いたい商品にする

そこで考えるコツですが、お客さんが買いたいと思うような物件にすることです。これはどんな商品にも共通することですが、「買い手が何を望んでいるか」「商品の価値を高く見てもらえる方法は何か」を考えることが重要です。

損壊や汚れがなく、清潔であることは最低条件

不動産売却の中でも、中古住宅はちょっとした気遣いで売値がずいぶんと違ってくることがあります。少なくとも、ぱっと見て「汚い」「損傷がある」とわかるようでは価格の話以前に買う気が失せてしまいかねません。

室内清掃はきちんとやって、不具合は修繕しておくのが最低条件です。同時に、不用品は片づけて、なるべく室内を広く見せる工夫をします。こまめに換気をして空気をきれいにすることも忘れないようにしましょう。

もっとも、それだけの手間と費用をかけないかわりに売却金額を低くするなら話は別です。その場合は、中途半端に手を入れるよりも割安感を出した方が良い場合があります。

また、あまりにも建屋の状態が悪い場合は中古住宅という括りではなく建屋付き土地としての売却も考えられます。このケースでは解体を視野に入れているお客さんも多いでしょう。ですので、費用によっては、いっそのこと先に解体した方が良い場合もあります。

買いたいときは高くても買う

不動産売却にあたって、もうひとつ忘れないでおきたいコツがあります。それは、お客さんが買いたくなる時期を狙うということです。不動産需要が増える時期といえば主に春先ですね。新入学や転勤などで引っ越しが多くなる時期です。

とはいえ、不動産は大きな買い物ですから、即決で買う人は滅多にいません。いくつもの物件を比較検討してじっくりと選びます。ですので、春先の契約から交渉期間を逆算して市場投入するのが得策です。

最後の決め手は人間関係

日用品を買う場合には行きつけの店があるものです。その店に通うのは、どこよりも安いからという理由もあるでしょう。しかし、どんなに安くても嫌いな店員からは買いたくないものです。つまり、多少高くても相性の良い店や店員から買うという人が少なくありません。

この気持ちは不動産でも同じです。それ以上に大きな買い物だからこそ、信頼できる人から買いたいと思うものでしょう。つまり、売主として誠実な対応を心がけることが一番大切ですね。

ページの一番上へ戻る
新着企業
2019/01/23
ハウスドゥ!朝霞根岸台店 アルスビレッジ株式会社様にご掲載いただきました!
2018/10/12
アルガホーム株式会社様にご掲載いただきました!
2018/09/18
株式会社夢のおてつだい 豊川八幡店様にご掲載いただきました!
2018/06/27
原田建設様にご掲載いただきました!
2018/03/02
アイエス株式会社様にご掲載いただきました!
新着情報