境界確定測定は必ず行うべき?不動産売却時の境界確定測量とは

境界確定測量

不動産売却を行う際に土地の測量が必要となる場合があります。

マンションの区分所有であれば必要ありませんが、一戸建て住宅や土地そのものを売却する場合には注意すべき事柄です。

なぜ土地の測量をするのか

土地の測量とは、どこまでが自分の所有している土地であるかを調べることです。しかし、土地には登記記録というものがあり、ここには所有している土地の所在や地番、地積が書かれています。

ではなぜ、自分の所有している土地を調べる必要があるのでしょうか?

この登記制度というものは明治時代からあり、当時は精度の低い縄等を用いて測量していました。そのため、現在の測量とはかなりの差が出てきてしまいます。

また、土地は長年住んでいると境界があやふやになることがあります。どこからどこまでが自分の土地なのか目印(境界杭)があれば良いのですが、設置していない場合や、いつの間にか境界杭が移動していたなど、様々な要因で境界が不明となってしまいます。

仮に売主が境界をわかっていても、それを示すものが無ければ買主にはわかりませんし、近隣とのトラブルの原因となります。そして、トラブルの種を抱えたままの物件を買いたい人は居ないでしょう。

そこで、境界確定測定が必要となります。

境界確定測量が必要となる場合

売却の際に境界確定測量が必ず必要というルールはありません。そのため、境界杭があれば測量の必要性はほぼありません。その他にも隣地との間に塀があれば境界の判断材料となります。

反対に、隔てるものが何もない場合には、近隣とのトラブルが発生する可能性があります。その場合、トラブル防止のために測定することが必要となります。

ここで注意しなければならないのは、測定しただけではトラブルの解消にはならないという点です。なぜなら、測定した結果を登記しておかなければ、民法上、権利を主張できないからです。

そのため、境界確定測量後はすみやかに登記を行うことが肝心です。その他に境界確定測量が必要となるのは、建築基準法の接道距離の条件をクリアするか否かをハッキリさせるケースの時です。この条件を満たさない場合はその土地には新たな建築自体ができません。

測量を頼むなら土地家屋調査士

測量士の資格を持っている方であれば、測量そのものを行うことは可能です。しかし、不動産の境界確定測量には登記が関わってきますので、土地家屋調査士という専門家に行ってもらいましょう。土地家屋調査士であれば、測量以外にも登記の申請手続きの代理などを行ってくれます。

測量の費用はどのぐらいかかるのか

では、肝心の測量にかかる費用はどのくらいでしょうか。

事前調査費用や境界標の設置、図面や書類の作成から登記に関連するところまで一式で考えると数十万円程必要になるケースが多いようです。

もちろん、物件と条件にとって費用は上下しますから一概にはいえません。しかし、そう安い金額でないことは間違いありません。

住んでいる土地なのに所有している面積があやふやというのはおかしな話ですが、日本の約90%は境界線が不明瞭です。しっかりと測量して登記しておけば、土地売却の際に近隣との無用なトラブルを引き起こさなくて済みます。

また、測量には日数を必要とします。売却の際に慌ただしくならないよう注意が必要です。

ページの一番上へ戻る
新着企業
2019/01/23
ハウスドゥ!朝霞根岸台店 アルスビレッジ株式会社様にご掲載いただきました!
2018/10/12
アルガホーム株式会社様にご掲載いただきました!
2018/09/18
株式会社夢のおてつだい 豊川八幡店様にご掲載いただきました!
2018/06/27
原田建設様にご掲載いただきました!
2018/03/02
アイエス株式会社様にご掲載いただきました!
新着情報