不動産の売却価格を決める査定

家を査定する

不動産売却に査定はかかせません。不動産売却を開始するには売却価格を決めなければならないからです。最終的な契約金額は買主との商談の中で決定するものの、売り出し価格をいくらにするかは、その後の展開にも影響を及ぼすことですから査定を含めて慎重に考えます。

不動産会社による査定を利用する

不動産価格査定は誰にでもできるものではなく、相当の知識と経験が求められるものです。従って、不動産会社の査定を利用するのが一般的です。

最終的には売却の仲介まで依頼するにしても、初めは査定だけ頼むという手もあります。その過程で、その業者がどういう対応をとるかの見極めもできるからです。また、あまりに希望とかけ離れた査定であれば、そもそも仲介を頼める相手ではありません。

査定は不動産業者を選ぶ手段でもあるのです。

訪問査定では復数の業者を自宅に招き入れ査定することを繰り返すことになるため、あまり数を頼めません。しかし、簡易査定(机上査定)であれば過去の事例と比較したり、似通った物件を参考にしたりと、簡易的な方法で査定してくれる業者もあります。1. どのような価格で売れるものなのか相場をつかむどの業者の対応が良いのか見極めることができる、まさに一石二鳥です。

不動産査定の中身

不動産の査定には、どこまで突っ込んだ内容で行うかにより、簡易査定(机上査定)と訪問査定にわかれます。

机上査定とは、読んで字の如く机上での査定。住所と物件の種別、築年数、広さなどの基本的な項目だけで本当におおまかな数字をはじき出すものです。この机上査定では実際の売却価格と数百万変わる場合もあり、大まかな相場を知る程度にしか使えません。

さて、実際に売却物件の価格を設定するための査定となれば、現地調査を抜きにして語れません。これが訪問査定です。

訪問査定では、売り出し価格の決定に影響を与える事柄を大小漏らさずチェックするのが妥当です。ここをいい加減にしている業者なら、他社を探すべきといえます。

複数社に査定を依頼するときは価格の根拠を明確に

1社だけの査定では、その価格が妥当なのかの判断がつかないこともあります。そこで、複数の不動産会社に査定を依頼することも考えられます。これは見積もり合わせみたいなものですから、前提となる査定条件が一緒でないと価格比較のしようがありません。

どの業者も同じ資料を提供し、訪問査定を同様に行ってもらいましょう。

同条件での査定で価格根拠を割り出すため、図面や地図、登記簿謄本など用意できるものは業者分かならず揃えておきます。

結果として出される査定価格が同じか異なるかにかかわらず、全社にその根拠の説明を求めましょう。その中で、各社の価格の妥当性を判断するのですが、いくら高くても妥当性に疑問があると結局は損をする可能性が高くなります。客観的な目で見ることが大切です。

不動産の査定は売却を進める第一歩として非常に重要です。1社のみではなく複数社を比較し、賢く売却しましょう。

ページの一番上へ戻る
新着企業
2019/01/23
ハウスドゥ!朝霞根岸台店 アルスビレッジ株式会社様にご掲載いただきました!
2018/10/12
アルガホーム株式会社様にご掲載いただきました!
2018/09/18
株式会社夢のおてつだい 豊川八幡店様にご掲載いただきました!
2018/06/27
原田建設様にご掲載いただきました!
2018/03/02
アイエス株式会社様にご掲載いただきました!
新着情報