離婚したのでマンションを売却したい

離婚したのでマンションを売却したい

離婚が決まると、決めていかなければならないことが多々あります。その1つが今住んでいる住宅のことです。どちらかがそのまま残って住むのか、それとも2人共に出て行くのかを決めなければいけません。財産分与や慰謝料を払う資金を作るために、住宅を売却することはよくある話です。このような離婚に伴う住宅売却のなかでも、今回はマンションについて、注意しなければならないポイントを確認しておきましょう。

ローン返済中でもマンションは売れるの?

離婚が決まった際にマンションのローンが残っていると、果たして妥当な値段で売れるのかと心配される方がいらっしゃることでしょう。結論としては、ローン返済中のマンションでも売却は可能です。残っているローンがあっても、売却することには何の問題もありません。また、ローンがある状態の売却でも、売値が安くなってしまうということはありません。
一般的には、売却した資金でローン残債を一括返済し、抵当権を抹消して所有権を移転することになります。このような条件で、買い手になる人も売買契約するため、マンション売却そのものについては、問題なく進めていくことができます。

ローン残債が売却額よりも多い場合

しかし、ローンの残債額が売却額よりも多くなってしまった場合、ローンを一括返済することができるのか、という問題が浮上してきます。これは、マンションの価値が下がったということだけではなく、ローン返済の仕組みによる場合もあります。
例えば、みなさんが毎月返済している金額が月8万円だとすると、そのうちの半分の4万円前後は利息ということになります。毎月減る元本は、実際には4万円程でしょう。年48万円しか減りません。これは、住宅ローンの元利均等払いという返済方法で、返済をし始めた当初は元金より利息分の返済額が多いためです。そのため、マンション売却金額で残債を補えない部分は、別途不足分のお金を用意する必要が出てくるのです。

夫婦共有名義マンションはどうする?

続いて、離婚には財産分与という大きな経済的な問題が待ち受けています。婚姻中、つまり夫婦として暮らしていた間に築いた財産は、夫婦の共有財産とみなされます。妻が専業主婦であっても、夫婦二人で協力して作った財産ということになるのです。
例えば、夫が独身時代に持っていた銀行預金が200万円あった場合、その200万円は婚姻中に築いた財産ではないため、夫のものになります。しかし、結婚後その預金が400万円になっていたとしたら、200万円増えていることになり、増えた分は夫婦の共有財産とみなされます。

共有財産にならない場合

先ほど、婚姻中に築いた財産は夫婦の共有財産と「みなされる」といいましたが、財産分与の話になった際に反証を挙げ「違う」と言い切れる場合には、夫個人の財産と認められることもあります。しかし、それはごく稀なことで、名義は夫のものや妻のものとなっていても、実態は夫婦の共有となることが一般的です。
では、夫婦共有の財産はどのような割合で分けられるのでしょうか。夫婦共有の財産は、1/2ずつ分けるケースがほとんどです。お互いが合意すれば、夫が2/3、妻が1/3と財産を分けることも可能ですが、離婚という状況の中でそれは望めないでしょう。そのため、等しく半分に分けることが前提です。
そして、マンションの場合には、売却した代金を分けるというのが通常の流れになります。つまり、結婚後にマンションを夫名義で所有しても、特別の事情がなければ夫婦共有財産となり、離婚の際にはその権利の半分を妻は主張できることになります。

離婚でマンションを売るときのポイント

離婚の際、夫名義のマンションでも妻が権利を主張できるとなると、次のような問題が起こります。それは、マンションの売却代金でローンが完済できない場合です。
売却代金でローン完済ができないとなれば、自己資金などで不足分を補てんして完済しないと売却はできません。不足金を補てんするには、夫婦で折半して支払いことが理想的です。
しかし、実際には妻に支払い能力がないことも起こりうるため、その分を夫が負担し、妻は慰謝料の請求を少なくしたり、慰謝料無しで養育費だけを請求したりするようなケースが多く見受けられます。
このように、離婚でマンションを売る場合はその後の話を進めるためにも、まず、どれだけ今のローンが残っているのかは確認することが必要です。
また、いくらぐらいでマンションが売れるのかを知るために、マンションを査定しましょう。人生で一番高い買い物とされるマンションですから、残っているローンの金額が少なく収まっているとは限りません。離婚という場面で冷静でいることは簡単ではありませんが、マンションの売却については数件の査定見積もりを取りながら、冷静に処分方法を検討しましょう。

おわりに

離婚を理由にマンション売却をするときは、残っているローンの有無の確認が重要です。
また、売却代金でローン完済ができず、自己資金などで不足分を補てんして完済しないといけない場合の自己資金もポイントになります。「マンションを売却する」と決めた場合は、少しでも高く売ってくれそうな不動産業者を見つけ、担当者とじっくり相談されることをおすすめします。

マンションの売却理由別ノウハウ

離婚したのでマンションを売却したい

離婚による財産分与等でマンションを売却する際に注意すべき、ポイントについて

住み替え(買い替え)したいのでマンションを売却したい

二世帯住宅、子供の成長、結婚などのライフイベント毎に考える仲介と買取の違い

相続のためマンションを売却したい

相続の手続きに関する説明とその際の注意点

転勤・引越しのためマンションを売却したい

売却するのか、賃貸するのか、それぞれの特徴と選択のポイントについて説明

近隣トラブルのためマンションを売却したい

近隣トラブルでマンションを売却しないように騒音、近所付き合いにおける注意点

ページの一番上へ戻る
新着企業
2018/10/12
アルガホーム株式会社様にご掲載いただきました!
2018/09/18
株式会社夢のおてつだい 豊川八幡店様にご掲載いただきました!
2018/06/27
原田建設様にご掲載いただきました!
2018/03/02
アイエス株式会社様にご掲載いただきました!
2017/07/14
賜典株式会社 イエステーション 戸越公園店様にご掲載いただきました!
新着情報