リフォーム(修理)が必要なマンションを売却したい

リフォーム(修理)が必要なマンションを売却したい

マンションを売却したいと思っていても、水回りや壁紙の痛みが目立ち始めていると、「きちんとお金をかけてリフォームしないと高く売れないのでは?」と思っている人は意外と多いようです。たばこを吸う方だとヤニによる壁のシミが気になるかもしれません。お風呂場のカビが深刻な状況になっていて、リフォームをしようと考えている方もいると思います。
実際のところ、修理が必要なマンションはリフォームをした方が良いのでしょうか。売却予定のマンションのリフォームについて、どちらがお得なのか調べてみました。

リフォーム後にマンション売却を勧める意見

リフォームをした後のマンション売却は、内覧者に良い印象を与えられることが最大のメリットでしょう。実際の内覧者だけでなく、チラシやWEBにもきれいな写真が載るため、人目を惹きます。写真であれば特に、薄汚れた部屋の写真よりも、きれいにリフォームされた部屋の方が好印象です。
買い手も、価格が少々高くてもきれいな部屋を望むことは、十分予想できます。購入後に自分でリフォームする必要がなく、余計な出費がないことは、予算=購入資金とシンプルに考えることができるためです。購入後にリフォーム費用が必要となると、その費用を考えて購入価格を下げるでしょう。
さらに、マンションの購入費用を金融機関から借りる際、住宅ローンはかなり低金利ですが、購入後にリフォームローンを使うと、当初の住宅ローン金利よりも高い場合が多いものです。
また、同じマンションで多くの売物件があった場合には、他の物件との差別化をする上でリフォームをしてからの売却は有利な場合が多いものです。
以上のことから、マンション売却をする前にリフォームをしておく方が良い、という意見があります。

リフォームしないでマンション売却を勧める意見

一方、リフォームしないでマンション売却を勧める意見もあります。最近は、自分で古い住宅をリフォームしたり、リノベーションしたりすることが流行しています。リフォームやリノベーションを、自分たちの好みに合わせて行いたいからです。例えば、キッチンを流行りのアイランド型にしたり、狭い二部屋を一つの部屋にして、機能的な2LDKに変えたりすることもあるようです。壁紙にしても色・デザインを好きに選び、カントリー風に仕上げることもできます。
既成住宅の仕様にとらわれず、自分好みの趣味・嗜好で住環境を選びたいというニーズに対応できるのが当たり前な時代になりました。中古物件を希望する人の多くは、できるだけ安くマンションを購入して、満足がいくように自らリフォームしたいと思っています。そのため、リフォームをすること自体も1つの楽しみとしてとらえている中古物件購入希望層に対して、わざわざリフォームをする必要はない、という意見もあるのです。
また、せっかくリフォームしても結局は売れずに価格を下げることも考えられます。リフォームしなければ、せっかくのリフォーム代が無駄になることもありません。

マンション売却時の購買層に応じた対応を

リフォーム(修理)が必要なマンションの売却について、それぞれの意見をみてきましたが、どちらもメリット、デメリットがあります。売り手側は買い手側のターゲット入念に調べ、どのような人が買いたがっているのかを明確にし、そこに向けて準備をすることが必要です。リフォームされた中古マンションを欲する層なのか、リフォーム・リノベーションを望む層なのかによって、適切な対応方法は違ってきます。
マンション売却を検討している方は、「どこで、誰に」といった要件を整理して、売却にまつわる効果的なアクションを決めましょう。場所は都心の一等地にあるのか、郊外なのか、どのような層が主に居住している地域なのか、築年数、間取りなどから、購入してくれる可能性が高い層をリサーチします。
例えば、郊外にある3・4LDKではどうでしょうか。築年数は10年で、まだまだ大きな痛みはないように見える状況です。このような物件ならば、最低限のリフォームをするか、逆にリフォーム代を値引くなどの対応がマッチしそうです。さまざまな観点から、まずはターゲット層をリサーチしてみましょう。

おわりに

どちらの意見にも、なるほどと頷ける理由がありますね。予算=購入資金という買い手には、リフォームされた部屋の方が、すぐに快適な暮らしが手に入るため良い物件です。一方、自分好みにリフォームをすることが一番の目的である買い手にとっては、リフォームをしていない安い物件の方が魅力的にうつります。
ただ、この場合には買い手が購入前にリフォームの見積を取るので、実際の契約締結までに時間がかかる場合が大半です。購入代金プラスリフォーム代という総額が確定しないと買い手は契約しないため、時間的なロスがあることは理解しておくべきでしょう。
また、不動産会社の協力を得ながら、このような見極めをすることが重要です。一人で悩む必要はなく、不動産会社と一緒になって、リフォームが必要かどうか検討してみましょう。複数の不動産会社に意見を求めることで、より良い解答を導き出せる可能性もあります。売却は一生に何度もあることではないため、一時の勝手な思い込みでリフォームをしてしまったり、逆にしなかったりで、思うような結果が伴わない、ということはなんとしても避けたいところですね。

マンションの物件内容別ノウハウ

タワーマンションを売却したい

タワーマンションを10年以内に転売し、移り住む方法

事故物件のマンションを売却したい

説明責任の有無は?値段は叩かれる可能性あるので、複数会社の査定が必須。

抵当権付きマンションの任意売却は可能か

担保があっても売却はできる!
ローンの残債よりも売却価格が下回っている場合の対処方法は?

リフォーム(修理)が必要なマンションを売却したい

ケース別のメリット・デメリットについて

手抜き工事マンション物件を売却したい

10年が基準となる瑕疵担保責任。あなたの物件はどう対応すればよいのか?

築30年、築40年のマンションを売却したい

リノベーション需要の高まりで
思わぬニーズが。築古でも売れる可能性がある物件はこれだ!

ページの一番上へ戻る
新着企業
2018/10/12
アルガホーム株式会社様にご掲載いただきました!
2018/09/18
株式会社夢のおてつだい 豊川八幡店様にご掲載いただきました!
2018/06/27
原田建設様にご掲載いただきました!
2018/03/02
アイエス株式会社様にご掲載いただきました!
2017/07/14
賜典株式会社 イエステーション 戸越公園店様にご掲載いただきました!
新着情報