マンション売却時の内覧で何に気をつければいいの?

マンション売却時の内覧で何に気をつければいいの?

マンションを売却する際は、購入検討者に部屋を見せる「内覧」を行います。内覧で良い印象を持たせることができれば、購入検討者の購買意欲は高まり、結果的にマンションを高く売ることにも繋がるでしょう。
今回は、マンション売却時の内覧における注意点をご紹介します。

内覧の予約が入るたびに清掃する

内覧の予約が入った場合は、前日までに必ず清掃を行いましょう。集客が好調な物件は毎週のように予約が入ることもありますが、その都度清掃を行うことが必要不可欠です。
中古マンション購入検討者は、ある程度の傷・汚れは覚悟していますが、やはり部屋の状態がきれいかどうかで受ける印象は全く異なります。
キッチン、トイレ、浴室などの水回りは女性の方は特に気にするポイントです。水垢を全部取り除くのは難しいかもしれませんが、水回りは特に重点的に清掃を行いきれいな状態にしましょう。
また、キッチンの換気扇も臭いや汚れが目立つポイントであるため、必ず清掃してください。

クリーニング業者の検討も

汚れがあまりにもひどい場合は、クリーニング業者も検討しましょう。広さや掃除範囲によってクリーニング代金は異なりますが、数万円ほどの費用で、ある程度のクリーニングは可能です。
特に、上述の水回りや、汚れが落としにくいバルコニー、購入検討者が重視するポイントであるリビング・ダイニングの汚れがひどい場合は、クリーニング業者の検討をおすすめします。

清掃以外に必要な準備

部屋の清掃以外にも、内覧希望者の印象を良くするための準備が必要です。

玄関回りをすっきり

玄関は内覧に訪れた方が一番初めに見るポイントであるため、部屋全体の印象を大きく左右します。そのため、玄関では「臭い」に気を付けましょう。
玄関回りは、どうしても「家独自の臭い」が充満しやすいため、内覧会が始まる前に玄関ドアを開けて換気を行ってください。
また、玄関を広く見せるために靴を全て収納して隠すことと、歓迎の意味を込めてスリッパの準備をすることも大切です。

リビング・ダイニングで広さを強調

なるべくものを置かずに床面を見せましょう。床面が見える面積が広ければ広いほど、部屋全体が広く見えます。
また、できる限り、白を基調としたインテリアコーディネートに替えましょう。家具を替えることは難しいですが、テーブルクロスや小物類であれば容易に替えることが可能です。
白基調の部屋は、全体的に明るく見え、清潔感も増します。

家全体を明るく

内覧では、家全体を広く見せた方がお得です。そのため、家のありとあらゆる場所の電気を点けて、広く明るく見せましょう。
また、カーテンを全開にして日差しを入れることにより、開放的な印象もプラスすることができます。

内覧時のその他の注意点

清掃や準備すべきこと以外にも、いくつか注意しておいた方が良いことがあります。

なるべく部屋にいない

売り主の方はなるべく部屋にいない方が良いかもしれません。売り主がいると、購入検討者は売り主の存在が気になって、ゆっくり部屋を見ることができません。
特に、お子さんがいる場合は、奥様か旦那様とともに外出することをおすすめします。
購入検討者がゆっくりと心行くまで、内覧できる環境を整えてあげましょう。

不動産会社へ伝えておくべきこと

不動産会社へ「見せても問題がない場所・見せてほしくない場所」をあらかじめ伝えておきましょう。
購入検討者も遠慮してなかなか収納などは開けにくいため、「収納は開けて確かめてください」と不動産会社から促してもらうことも大切です。

内覧の際は空室状態にするのがベスト

マンション売却時の内覧では、人が住んでいる状態ではなく、誰も住んでいない空室の状態の方が印象は良くなります。
空室状態では、家具や荷物がないため、床面が広くなり、部屋全体を広く見せることが可能です。
また、購入検討者も空室の方が動きやすく、「生活感がある」という中古マンションのデメリットも払拭しやすいでしょう。

しかし、逆にいえば、家具が置かれていない空室状態では、実際に住んだ場合の家具レイアウトがイメージしにくいというデメリットも生まれます。
そのため、図面に家具のレイアウトを落としておいたり、家具がある状態の写真を用意したりするなど、購入検討者のことを考えた準備をすることが大切です。
空室状態での内覧のデメリットも、事前の準備をすることによって、売り主の印象をアップさせるメリットに変えることができます。

おわりに

マンションの売却では購入検討者に対して、いかに物件の印象を良くするかが非常に大切になります。物件の印象を良くするためには、今回ご紹介したことのように小さな準備の積み重ねが重要です。
マンションの売却期間は平均で3カ月ほどあるため、内覧のたびに清掃するなど、大変と思える作業も発生します。しかし、それがマンションを高く売却することに直結するため、時間の許す限り行っていくのがベストです。

マンション売却を成功させるノウハウ10選+1

マンションを売却した時の税金は?

タワーマンションを10年以内に転売し、移り住む方法

売却相場はどう調べればよいの?

説明責任の有無は?値段は叩かれる可能性あるので、複数会社の査定が必須。

マンションの売り時は?

築10年、修繕費の積立・管理費の見直し、大規模修繕と売り時のポイントはいつなのか?

マンション売却に掛かる期間は?

タイムテーブルで見る売却期間。
査定額を間違えてさらし物件にならないポイント

マンション売却の仲介手数料っていくらなの?

仲介手数料には上限あり。
法律を知ることで、お得に売却。

マンションを高く売るにはどうすればいい?

一番大事なのはタイミング。
市況を見て売り時を見極める。

マンション売却時の内覧の注意点

内覧してもらうときに清掃は必須。特に見られるポイントは?

マンション売却時の媒介契約はどれがいい?

専属専任媒介、専任媒介、一般媒介の違いってなに?
目的別で選択する媒介契約。

マンション売却時の仲介と買取の違いは?

なぜ売却したいのか?その目的で仲介か買取か変わります。
でも、最も重要なポイントは?

良い不動産会社の選び方を教えて下さい。

良い不動産屋を見極めるポイント、良い営業マンを見極めるポイントは?

マンションが売れない時はどうすればいいの?

なぜ売れないのか?信用できない
不動産会社はすぐに変えましょう。売れない原因は「●●が間違っている!」

ページの一番上へ戻る
新着企業
2018/10/12
アルガホーム株式会社様にご掲載いただきました!
2018/09/18
株式会社夢のおてつだい 豊川八幡店様にご掲載いただきました!
2018/06/27
原田建設様にご掲載いただきました!
2018/03/02
アイエス株式会社様にご掲載いただきました!
2017/07/14
賜典株式会社 イエステーション 戸越公園店様にご掲載いただきました!
新着情報