築30年、築40年のマンションを売却したい

築30年、築40年のマンションを売却したい

築30年、築40年になるいわゆる築古(ちくふる)マンションを売却しようとする場合、そもそも無事に売れるのかという心配と、売れたとしてもいくらなのかという2つの心配があると思います。
そんな不安要素が多い築30年、築40年のマンションを上手に売却する方法について見ていきましょう。

耐震基準

まず、築古(ちくふる)のマンションに関わる1番の問題は耐震基準です。1981年6月以降に建築確認が行われたマンションは「新耐震」と呼ばれ、それ以前のものは「旧耐震」と呼ばれています。
旧耐震基準は、震度5強程度の地震に耐えられる基準といわれていますが、建物によって耐震強度がまちまちです。一方、新耐震基準は、震度5強程度の地震ではほとんど損傷を生じず、震度6強から7程度の大地震でも人命に危害を及ぼすような倒壊などの被害を生じないという基準です。こう考えると、築40年のマンションは、旧耐震のため、地震対策は大丈夫なのか不安を感じる方が多いこともうなずけるでしょう
しかし、「大きな地震が襲ってきても耐震基準を満たしているから100%大丈夫」という保証などないことも事実です。阪神大震災のときにも、新耐の建物でも壊れた物件がありました。地盤やその他の条件で倒壊する危険性は変わるため、多角的な角度から見て「マンションの耐震性能はどうなのか」という判断をした方が現実的といえます。

メンテナンス状態

皆さんのマンションのメンテナンス状態は、どうなっているでしょうか。築古の物件となると、数年前から問題があることが分かっていてもそのままにしているケースは少なくありません。
建物の管理状態によって建物の寿命は大きく変わるため、修繕の計画はあっても実際には手がつけられていない物件は、買い手にとっては危険と判断されるかもしれません。マンションの専有部分では、同じ建物の違う部屋で、数年に1回定期メンテナンスを行ってきた部屋と、1度もメンテナンスを行っていない2つの部屋のうち、買い手がどちらを選ぶかを考えれば答えは明確でしょう。
メンテナンスが必要な場合、いくら掛かるのかということも買い手にとっては大きな問題です。

どういう購買層が想定できるのか

築古のマンションのニーズは、比較的若い世帯にあります。これから子どもが生まれるという世帯や、もしくは子どもはすでに生まれているが、まだ小さいという世帯です。また、意外にも独身者の中には、購入希望者もいます。
全体としては、気に入ったキッチンシンク、小さくても可愛いバスユニット、自分で貼ったお気に入りの壁紙というように、規格品では満足できないという購買層が築古マンションを気に入る傾向にあります。
そして、築古マンションが人気の理由の1つはやはり値段でしょう。古いまま築古マンションを購入したいというターゲット層に売るのであれば、リフォームなどが不要なため安い価格で取引されがちです。逆にいうと、より高く売却したいのであれば、現状をより良い状態にしておく方法が望ましいでしょう。

マンションのリノベーションとは?

マンションのリノベーションとは、一度設備や仕切りの壁も取り払い、全くのスケルトン状態から、新築当時より、性能や価値を高めたものに変身させる大規模な工事を行うことです。
築古の物件では、ダイニングとキッチンとリビングを細かく区切ったような間取りが多くありますが、これらの全てを1つの部屋にまとめることで、広いLDKを作り出すことも可能になります。床材、壁材へのこだわり、照明の位置、キッチンの場所、子どもがいる空間の位置など、希望は細かく多種にわたりますが、理想の住まいを具現化するものとして、築古物件は非常に存在価値があります。
そのため、リノベーションを行い、新築にも負けないような見た目や性能が実現できれば、
後々、高額で売却することも可能でしょう。

おわりに

築古のマンションには、耐震性能がどうなのかなどのウイークポイントもありますが、リノベーションを視野に住宅購入を考えている人向けには需要が期待できます。
また、スペックだけを検討すれば、中古物件として紹介されても築浅のマンションには敵わないため、確実にいる購買層に売却予定のマンションをどのように宣伝するかを戦略的に考える必要があるでしょう。
不動産会社に相談する場合は、リノベーション指向のターゲットへのアプローチ状況を確認してみると良いかもしれません。または、最初からリノベーション専門の業者に相談するのも1つの方法です。
より良い状態で、より高額で売却できるように現在の建物の状況を確認したうえで、ターゲットにどうアプローチするのかを練りましょう。

マンションの物件内容別ノウハウ

タワーマンションを売却したい

タワーマンションを10年以内に転売し、移り住む方法

事故物件のマンションを売却したい

説明責任の有無は?値段は叩かれる可能性あるので、複数会社の査定が必須。

抵当権付きマンションの任意売却は可能か

担保があっても売却はできる!
ローンの残債よりも売却価格が下回っている場合の対処方法は?

リフォーム(修理)が必要なマンションを売却したい

ケース別のメリット・デメリットについて

手抜き工事マンション物件を売却したい

10年が基準となる瑕疵担保責任。あなたの物件はどう対応すればよいのか?

築30年、築40年のマンションを売却したい

リノベーション需要の高まりで
思わぬニーズが。築古でも売れる可能性がある物件はこれだ!

ページの一番上へ戻る
新着企業
2018/10/12
アルガホーム株式会社様にご掲載いただきました!
2018/09/18
株式会社夢のおてつだい 豊川八幡店様にご掲載いただきました!
2018/06/27
原田建設様にご掲載いただきました!
2018/03/02
アイエス株式会社様にご掲載いただきました!
2017/07/14
賜典株式会社 イエステーション 戸越公園店様にご掲載いただきました!
新着情報