マンション売却時の仲介と買取の違いは?

マンション売却時の仲介と買取の違いは?

マンションを売却する際は、「仲介」と「買取」という2つの方法があることをご存じでしょうか。一般的なマンション売却の方法である仲介はイメージしやすいですが、買取は初めて聞いたという方も多いと思います。
仲介と買取は明確に特徴が異なるため、目的に応じて使い分けることをおすすめします。今回は、マンション売却時の仲介と買取の違いについてご紹介します。

仲介の特徴とメリット・デメリット

仲介とは、マンション売却の際に、仲介会社に売却を依頼して進める方法です。買取との違いやメリット・デメリットは以下の通りです。

売却金額

仲介でのマンション売却は、相場価格(査定価格)並みに売れることが多く、上手くいけば相場価格以上で売却できることもあります。
そのため、売却金額は仲介の方が高いケースが多いといえるでしょう。

 

売却スピード

仲介を選択した場合、デメリットは売却スピードの点です。売却活動期間は、平均で約3カ月です。その他の査定や、引き渡しなども合わせると、売却活動の完了に5~6カ月程度の期間を要することもあります。売れ行きが鈍い場合は、売却活動期間が1年を超える物件もあるでしょう。

周囲への告知

仲介でマンションを売却する場合、周辺に住んでいる方達へ売却していることを認知させなければなりません。そのため、周囲に売却しているということを知られてしまいます。

瑕疵担保責任

瑕疵担保責任とは、もしマンションに瑕疵(欠陥)があった場合に一定期間売り主がその瑕疵を保証する責任を負うことです。
仲介の場合は、法人ではなく一般個人が買い主になるケースが多いため、売り主は瑕疵担保責任を負います。

売却ストレス

見学者に部屋を見せるなどの手間が掛かります。

買取の特徴とメリット・デメリット

買取とは、不動産会社が再販を目的としてマンションを買い取ることをいいます。買い主を探して「仲介」するのではなく、自らが買い主になるということです。

売却金額

買取の一番のデメリットは、売却金額が安い点です。不動産会社は買取をした後に再販するため、相場価格以下で買い取る必要があります。したがって、売却金額は相場価格(査定価格)の7~8割程度の価格になるでしょう。

 

売却スピード

不動産会社に買取を依頼した場合、売却金額に折り合いがつけばすぐに売買契約ができます。また、不動産会社が買い主のため、売却スピードだけでなく決済スピードも速いです。

周囲への告知

買取では広告活動をしなくても良いため、周囲に売却を知られることなくマンションを売却できます。

瑕疵担保責任

買い主が不動産会社、つまり法人の場合は、瑕疵担保責任を負いません。

売却ストレス

不特定多数の見学者はおらず、何社かの不動産会社が見学に来るだけであるため、売却は非常に楽です。また、内覧会などもないため、売却ストレスも少ないまま売却できます。

仲介と買取のどちらが良いかは状況による

上記の仲介と買取のどちらが良いかは売り主の状況によります。

早期売却したい場合

マンションを早期売却したい場合には買取をおすすめします。売却活動期間がないため、媒介よりも早い売却が可能です。

売却完了まで仲介は5~6カ月かかるのに対して、買取では最短2週間程度しかかかりません。

周囲に売却を知られたくない場合

事情があり、周辺に住んでいる方に知られずにマンションを売却したい場合は、買取しか選択肢はありません。
仲介にすると、どうしてもインターネット上に掲載したり、チラシを投函したりします。そのため、周囲に知られずにマンションを売却することは不可能です。

少しでも高く売りたい場合

上記のような事情(早期売却、売却を知られたくないなど)が特になく、少しでも高く売りたい方は仲介を選択するべきです。ゆっくりと買い主を見つけて、自分の希望額に達するまで売却活動を続けることができます。

複数の不動産会社を見比べることが大切

仲介を選択するにせよ買取を選択するにせよ、対応は不動産会社によってさまざまです。複数の不動産会社に査定依頼をして、不動産会社を見比べましょう。

的確な査定額を出す不動産会社

まずは査定金額に根拠があることが大切です。例えば、直近で同エリアに販売実績があったり、担当者の知見が豊富であったりすると信頼できる査定額になります。
仲介であれ買取であれ、高く売れるかどうかは、正確な査定額を算出していることが必要不可欠です。

買取も行う不動産会社

仲介か買取かを迷っている場合は、どちらも行ってくれる会社を選びましょう。どの不動産会社もマンション売却の仲介はやってくれますが、買取を実施するかは不動産会社によります。
最初に査定を依頼した不動産会社が買取を実施しない会社であった場合、売却方法を買取にシフトする際にまた一から別の会社に査定依頼をしなくてはなりません。
仲介と買取のどちらに転んでもいいよう、どちらも実施している不動産会社を選びましょう。

おわりに

マンション売却時の「仲介」と「買取」は、メリット・デメリットがハッキリしているため、自分の状況に合った方法を選択しましょう。
また、不動産会社の中には一定期間仲介を行い、その期間内に売却できなければ買取をするというプランもあります。
仲介と買取の違いを理解し、自分の望む形でマンション売却を成功させてください。

マンション売却を成功させるノウハウ10選+1

マンションを売却した時の税金は?

タワーマンションを10年以内に転売し、移り住む方法

売却相場はどう調べればよいの?

説明責任の有無は?値段は叩かれる可能性あるので、複数会社の査定が必須。

マンションの売り時は?

築10年、修繕費の積立・管理費の見直し、大規模修繕と売り時のポイントはいつなのか?

マンション売却に掛かる期間は?

タイムテーブルで見る売却期間。
査定額を間違えてさらし物件にならないポイント

マンション売却の仲介手数料っていくらなの?

仲介手数料には上限あり。
法律を知ることで、お得に売却。

マンションを高く売るにはどうすればいい?

一番大事なのはタイミング。
市況を見て売り時を見極める。

マンション売却時の内覧の注意点

内覧してもらうときに清掃は必須。特に見られるポイントは?

マンション売却時の媒介契約はどれがいい?

専属専任媒介、専任媒介、一般媒介の違いってなに?
目的別で選択する媒介契約。

マンション売却時の仲介と買取の違いは?

なぜ売却したいのか?その目的で仲介か買取か変わります。
でも、最も重要なポイントは?

良い不動産会社の選び方を教えて下さい。

良い不動産屋を見極めるポイント、良い営業マンを見極めるポイントは?

マンションが売れない時はどうすればいいの?

なぜ売れないのか?信用できない
不動産会社はすぐに変えましょう。売れない原因は「●●が間違っている!」

ページの一番上へ戻る
新着企業
2018/10/12
アルガホーム株式会社様にご掲載いただきました!
2018/09/18
株式会社夢のおてつだい 豊川八幡店様にご掲載いただきました!
2018/06/27
原田建設様にご掲載いただきました!
2018/03/02
アイエス株式会社様にご掲載いただきました!
2017/07/14
賜典株式会社 イエステーション 戸越公園店様にご掲載いただきました!
新着情報