不動産用語集

【内断熱工法(うちだんねつこうほう)】

内断熱工法とは
住まいの快適な温熱環境を一定に保つためには、外部からの熱を遮断し、建物内の暖かい空気が流出しないように「断熱」を適切行うことが重要である。内断熱工法は、建物の構造躯体の室内側の柱と柱の間に断熱材を充填していく工法で、従来から日本のほとんどの木造建築物などで行われてきた断熱工法である。充填断熱工法ともいう。
断熱材の種類
住宅建築に使われる断熱建材には、グラスウール、ロックウール、羊毛断熱材、セルロースファイバー、炭化コルクなどの「繊維系断熱材」、ウレタンフォーム、フェノールフォーム、ポリスチレンフォーム、EPS、発泡ゴムなどの「発泡系断熱材」などがある。
内断熱工法のメリットは
一般的に施工コストを低く抑えることがでる。多くの工務店で施工可能な工法であり、使用できる断熱材の種類にも制約がほとんどない。また外装材の使用制限もほとんどないなどがある。内断熱工法のデメリットは建物の軸組や構造材の部分については、断熱が全く行われないため、その部分からの熱損失が生じやすい。外壁と室内温度差により、壁体内部で結露しやすいため、結露対策が必要である。そのほか気密工事の施工性がわるい、配線や配管を自由に変更しにくいなどがある。
内断熱工法のデメリットは
建物の軸組や構造材の部分については、断熱が全く行われないため、その部分からの熱損失が生じやすい。外壁と室内温度差により、壁体内部で結露しやすいため、結露対策が必要である。そのほか気密工事の施工性がわるい、配線や配管を自由に変更しにくいなどがある。