不動産用語集

【登記(とうき)】

登記とは
法に定められた権利関係などを公示するために、それらの事柄を法務局(登記所)に備えられた登記簿に記載することをいう。一般に登記といえば、不動産登記のことを指すが、そのほかに商業登記、船舶登記などがある。
不動産登記とは
不動産登記は民法・不動産登記法に規律され、土地や建物など不動産の物理的な現況を公示する「表示に関する登記」と、権利関係を公示する「権利に関する登記」の2種類で構成される。土地と建物のそれぞれに独立した「登記簿」が存在し、登記事項も異なっている。「表示に関する登記」の登記事項には、土地の場合には、登記年月日、土地の所在、地番、地目、地積、建物の場合には、建物の所在、家屋番号、種類、構造、床面積などがある。「権利に関する登記」の登記事項には、登記の目的、受付年月日、受付番号、登記原因およびその日付、権利者の住所・氏名などがある。他人の依頼を受けて、土地家屋調査士が「表示に関する登記」を、司法書士が「権利に関する登記」を業務として行うことができる。
不動産登記の効力
不動産の売買契約によって取得した土地や建物の所有権を第三者に主張するためには、不動産登記(権利に関する登記)をする必要がある。一方、不動産登記には、公信力はない。