不動産用語集

【鉄筋鉄骨コンクリート造(てっきんてっこつこんくりーとぞう)】

鉄筋鉄骨コンクリート造とは
建物の構造または工法に、鉄筋鉄骨コンクリート構造を採用したものをいう。鉄筋鉄骨コンクリート構造は、英語の頭文字をとってSRC構造またはSRC造とも略称さる、柱や梁などの構造躯体を鉄骨で組み、その周りに鉄筋を配筋してコンクリート打ち込んだ構造のこと。鉄筋コンクリート構造(RC構造)と鉄骨構造(S構造)の、両方の長所を合わせ持った構造である。主に7~8階建て以上の中高層マンションなどに採用される工法で、耐震性に優れ、柱や梁の断面も小さくすることができる。ただしその分、コスト的には割高である。
鉄筋鉄骨コンクリート構造のメリットとデメリット
鉄筋鉄骨コンクリート構造のメリットとしては、鋼材を多量に配置するため、柱や梁の断面積をRC構造(鉄筋コンクリート構造)よりも小さくできる、コンクリートにより鋼材が被覆されているため、座屈耐力や耐火性が鋼材建物よりも優れている、耐力や変形性能が高く耐震性に優れている、などがある。一方、デメリットしては、一般にRC構造や鋼構造の工法よりも、施工が煩雑で工期が長引くため、高コストなことである。