不動産用語集

【定期借地権(ていきしゃくちけん)】

定期借地権とは
借地借家法(平成4年8月1日より施行)において、借地権の一種として新たに創設された制度のこと。通常の借地権とは異なり、「更新がなく、当初定められた契約期間で確定的に借地関係が終了」する。通常の借地権には、存続期間が満了しても借地権が消滅するわけではなく、更新拒絶には正当な事由が必要、借地権者の建物買取請求権が認められるなど、借地権者に有利な内容になっている。そのため、借地権を設定することが躊躇され、設定する場合には、高い権利金等の支払いが求められた。定期借地権制度は、このような問題を解消して、土地を貸しやすく借りやすい環境をつくり、借地の新たな供給増、利用促進につながることを期待して創設された。
定期借地権の類型
借地借家法では、定期借地権として、以下の3つの類型を定めている。1.存続期間が50年以上と定めることを要件とした「定期借地件」(一般定期借地権)、2.借地権を設定した日から30年以上を経過した日に借地上の建物を借地人から地主に譲渡して借地権を消滅させることをあらかじめ約束して借地契約をする「建物譲渡特約付借地権」、3.事業目的で存続期間を10年から50年未満(平成20年1月1日以前は20年以下)とした「事業用借地権」。