不動産用語集

【宅地建物取引主任者(たくちたてものとりひきしゅにんしゃ)】

宅地建物取引主任者とは
宅地建物取引主任者は、都道府県知事が行う宅他建物取引主任者資格試験に合格し、さらに宅地建物取引主任者証の交付を受けた者のことをいう。宅地建物取引業者は、事務所ごとに従業者5名に対して1名以上の割合で、宅地建物取取引主任者を専任で配置しなければならない。
宅地建物取引主任者の業務
宅地建物取引主任者の主な業務は、以下の3つである。これらの業務は、宅地建物取引主任者のみが行うことができる。1.取引の当事者に対する重要事項の説明、2.重要事項説明書への記名・押印、3.宅建業法第37条書面への記名・押印、である。
宅地建物取引主任者になるには
宅地建物取引主任者になるには、都道府県ごとに行われる宅地建物取引主任者資格試験に合格して、都道府県知事による登録を受ける必要がある。昭和63年の改正宅建業法により、登録を受けるためには、宅地もしくは建物の取引に関し2年以上の実務経験を有する者、または国土交通大臣がその実務の経験を有する者と同等以上の能力を有すると認めた者でなければならないとされた。有効期限は5年。更新時には、都道府県知事が指定する講習を受講しなければならない。