不動産用語集

【耐震構造(たいしんこうぞう)】

耐震構造とは
地震により生じる水平方向の力に対して、十分耐えて抵抗するように考慮して設計された建物の構造のこと。「剛の構造」ともいう。
耐震構造のポイント
耐震構造の技術的な基準については建築基準法にもとづいて、以下のように定められている。1.柱、梁、床、壁などの構造躯体を有効に配置することにより、建物全体が一様に構造耐力上安定であること、2.構造耐力上主要な部分は、地震による水平力に耐え得るようにバランスよく配置すること。3.構造耐力上主要な部分には、変形や振動などが生じない十分な剛性と、瞬間的な破壊が生じない靱性を持たせること。なお一定の建築物については、建てる前に「構造計算」を行い、安全性に問題がないか確認することとされている。
免震構造と制振構造
地震に対する建物の安全性を確保する方策として耐震構造のほかに、「免震構造」や「制振構造」がある。免震構造は、建物の基礎と土台の間に防振ゴムなどを設置することにより揺れを抑える。制振構造は、ダンパーなどを設置して振動(地震のエネルギー)を吸収することにより揺れを抑える。