不動産用語集

【修繕積立金(しゅうぜんつみたてきん)】

修繕積立金とは
マンションなど区分所有建物の良好な居住環境を確保し、資産価値の維持・向上をはかるためには、共用部分の小規模修繕以外に、一定年数ごとの計画的な大規模修繕工事の実施が不可欠である。修繕積立金は、このような長期修繕計画にもとづき、毎月の管理費とは別に積み立てる資金のことをいう。
修繕積立金に関する説明
宅建業法施行規則(第16条の2第6項)にもとづき、宅建業者は、マンションの賃貸以外の契約において、修繕積立金等の計画的な維持修繕のための費用の積立を行う旨の規約の定めがあるときは、その内容及び既に積み立てられている額について「重要事項」として買主に説明する義務がある。
マンションの修繕積立金に関するガイドライン
「マンションの修繕積立金に関するガイドライン」は国土交通省が、新築マンションの購入予定者を対象として、修繕積立金に関する基本的な知識や、修繕積立金の額の目安を示し、分譲事業者から提示された修繕積立金の額の水準等についての判断材料を提供することを目的に作成・公表された。(平成23年4月18日)修繕積立金額の目安と修繕積立金の積立方法について説明している。