不動産用語集

【竣工(しゅんこう)】

竣工とは
落成、完工ともいう。建築工事や土木工事が完成すること。それらの工事を始めることは、起工、着工という。
竣工検査
工事が終了(竣工)すると、当初の設計図通りに建物ができているかどうか確認するための検査を行う。それが竣工検査である。竣工検査では、施工者、工事監理者、役所、建築主(建主)が、それぞれの立場から必要なチェックを行う。施工者や工事監理者は、設計図通りに建てられているか、電気・ガス・水道・空調などの設備がちゃんと動作するか、役所は法令違反がないかチェックを行い、問題なければ「検査済証」が発行される。そして最後に、建築主が各検査結果を確認し、建物の取り扱い説明を聞いた上で、引き渡しを受ける。
竣工後の手続き
一般の住宅の場合、竣工検査終了後に、工事費の清算(工事監理費、請負契約工事代金、追加工事代金など)を行い、登記や火災保険などの諸手続きが行われ、引っ越し・入居となる。
竣工図
竣工図とは、完成した建物の状況を正確に表した図面のこと。当初の設計図と完成した建物は、工事途中に生じた設計変更などが原因で一致しないことが多い。実物の建物の設計図である竣工図は、将来リフォームや増改築を行う際に非常に重要なものである。引き渡しを受ける際には、必ず入手して大切に保管しておくことである。