不動産用語集

【所有権(しょゆうけん)】

所有権とは
民法第206条に規定された権利で、「法令の制限内で自由にその所有物の使用、収益および処分をする」権利のこと。物を自分のものとして完全かつ全面的に支配する権利で、所有権は時効により消滅することはない(所有権の恒久性)、また一定範囲、一時的な制限を受けても、その制限がなくなれば完全な支配を回復する(所有権の弾力性)などの性質がある。財産権の中心をなす私権であり、所有権の侵害に対して、損害賠償請求権、所有物返還請求権、妨害の排除・予防の請求権などが認められている。
土地の所有権
土地所有権は民法第207条にもとづき、法令の制限内において、土地の上空および地下の範囲に及ぶとされている。なお、隣接する土地との関係によっては、その権利が制限されたり、拡張されたりすることがある。また「都市計画法」「土地収用法」「建築基準法」などにもとづき、その権利が制限されることもある。
区分所有権
区分所有権とは、区分所有法第6条に規定された、ビルやマンションなど一棟の建物に構造上区分された数個の部分があり、それぞれ独立して住居・店舗・事務所など建物としての用途に供することができる場合に、その各部分ごとを目的とした所有権のことである。