不動産用語集

【借地権(しゃくちけん)】

借地権とは
借地借家法第2条にもとづき、借地権とは建物の所有を目的とする地上権(物権)または土地の賃借権(債権)のことをいう。地上権は所有権に次ぐ強い権利で、土地所有者の承諾なく自由に利用する(建てた建物の転売や転貸など)ことができる。一般的に一戸建ての場合には、地上権ではなく賃借権となっているものが大部分である。借地権は、普通借地権(通常の借地権)と定期借地権(一般定期借地権、建物譲渡特約付き借地権、事業用定期借地権)に分けられる。借地権は、財産権としてみなされ、契約にあたっては、その割合に応じた権利金がやり取りされることがある。また相続税や贈与税の課税対象になる。
借地権の強化
借地権者には地代の支払い義務は生じるが、土地賃貸借権や地上権の登記をしていなくても、借地上の建物に登記があれば借地権の対抗力が認められる、地主に代わって裁判所の許可があれば借地権の譲渡や借地転貸が認められる、契約期間満了時における借地権者の地主に対する建物買取請求権、などの制度により借地権が強化された。
借地権の契約期間
借地権の契約期間は30年以上である。更新契約の期間は、1度目が20年以上、2度目が10年以上と定められている。また一般定期借地権の場合は、50年以上と決められている。