不動産用語集

【外断熱工法(そとだんねつこうほう)】

外断熱工法とは
住まいの快適な温熱環境を一定に保つためには、外部からの熱を遮断し、建物内の暖かい空気が流出しないように「断熱」を適切行うことが重要である。外断熱工法は、建物の外壁仕上げ材の内側(構造体の外側)に断熱材を張っていく工法である。外張断熱工法とも呼ばれる。
断熱材の種類
住宅建築に使われる断熱建材には、グラスウール、ロックウール、羊毛断熱材、セルロースファイバー、炭化コルクなどの「繊維系断熱材」、ウレタンフォーム、フェノールフォーム、ポリスチレンフォーム、EPS、発泡ゴムなどの「発泡系断熱材」などがある。外断熱工法には、発泡系断熱材が使われることが多い。
外断熱工法のメリットは
外断熱工法のメリットとして、建物全体を断熱材で覆うため気密性が高く、防湿性が高く結露がおきにくい、柱などの構造体が保護されるため傷みにくい、配管や配線の場所を変更しやすい、などがある。
外断熱工法のデメリットは
断熱材の分、外壁が厚くなってしまうため、敷地廻りにある程度余裕が必要なこと、外装材を断熱材の外側に留めるため、地震時などにおける耐久性に不安がある、高気密高断熱のため換気計画に留意する必要がある、一般的に工事費用が割高になりやすい、断熱材が化学素材のため、エコ評価が低く、燃焼しやすい、燃焼ガスに有害成成分を含むものがある、などがある。