不動産用語集

【セットバック(せっとばっく)】

セットバックとは
建築基準法第43条の規定にもとづき、都市計画区域および準都市計画区域内における建物の敷地は、原則として幅員4m以上の道路に2m以上間口が接している必要がある。しかし古くからある市街地などでは、幅員が4mに満たない道路が実際には多数残っている。このように幅員4m未満の道路でも、建築基準法が施行された昭和25年11月23日以前、または都市計画区域に指定される以前から存在し、それに沿って建物が立ち並んでいたような道路で、特定行政庁が認めたものは、現在も道路とみなされている。このような道路のことを「2項道路」という。「2項」とは建築基準法第42条2項のことで、「42条2項道路」や「みなし道路」とも呼ばれる。「2項道路」に接した敷地に建物を建てる場合には、将来4mの道路幅を確保できるように、敷地の境界線を道路の中心線から2mの位置まで後退させる必要がある。このことを「セットバック(SB)」という。道路の反対側が川や崖地などの場合には、反対側の道路境界線から4mの位置まで一方的に後退させなければならない。不動産広告などには、「要セットバック○平方メートル」「セットバック済み」などと表示される。セットバック部分の面積は、建ぺい率や容積率を算定する際の敷地面積には含まれない。
敷地以外のセットバック
セットバックという言葉は、上記の敷地以外に、日照や通風確保等のために、建物の上階を下階よりも後退させて建築する場合、壁面線の指定により、建物の壁または柱を後退させて建築する場合、外壁後退距離の指定により、建物の壁または柱を後退させて建築する場合、などにも使われる。