不動産用語集

【施工管理(せこうかんり)】

施工管理とは
建設工事において発注者の要求仕様にもとづき、施工手段の選定、着工から竣工までの施工計画の立案、目的遂行のための原価管理、工程管理、品質管理、安全管理などを行うこと。施工手段としては、必要な人材、労力、資材、施工法、機械、資金などについて考慮する。施工管理の手順は、一般の品質管理手法と同じような「PDCAサイクル」による実施が望ましいといわれる。現場の施工担当者との意思疎通、安全管理、健康管理などにも配慮が必要となる、きわめて重要な業務である。
施工管理技士
建設業法第27条にもとづく国家試験である「施工管理技術検定」の合格者に対して与えられる称号のこと。同検定は、実際に施工を行う職人の技術認定が目的ではなく、設計から施工までの各業務を管理監督する技術力の認定を目的としているため、受験資格にも実務経験が必要とされる。合格者には、営業所におかれる専任技術者、工事現場に置かれる主任技術者または監理技術者となる資格が与えられる。分野ごとに、建設機械施工技士、土木施工管理技士、建築施工管理技士、電気工事施工管理技士、管工事施工監理技士、造園施工監理技士の6種類がある。