不動産用語集

【設計住宅性能評価書(せっけいじゅうたくせいのうひょうかしょ)】

設計住宅性能評価書とは
住宅性能評価書とは、住宅の品質確保の促進等に関する法律(平成12年4月1日施行)にもとづき、国土交通大臣に登録された登録住宅性能評価機関が、日本住宅性能評価基準および評価方法基準に従って行った、住宅に関する性能評価結果を記した文書のこと。このうち、設計住宅性能評価書は、設計段階での評価結果報告である。施工・完成段階で行われた評価結果は、「建設住宅性能評価書」として報告される。住宅性能評価が行われ、住宅性能評価書が交付された住宅には「住宅品質確保法」で定めるマークが表示される。工事請負などの契約書に設計住宅性能評価書が添付された場合には、当該評価書に記載された性能を有する住宅の建設を契約したものとみなされる。住宅性能評価書が交付された住宅における紛争処理時には、国土交通大臣が指定する「指定住宅紛争処理機関」に対して紛争処理の申請を行うことができる。
設計住宅性能評価項目
設計住宅性能評価は、設計図書(付近見取り図、配置図、仕様表、各階平面図、立面図、断面図、基礎伏図、各階床伏図、小屋伏図)、各種計算書(構造、換気、光視)、各種裏付け資料などを対象に、以下の10分野32項目に関する評価を行う。1.構造の安定、2.火災時の安全、3.劣化の軽減、4.維持管理への配慮、5.温熱環境、6.空気環境、7.光・視環境、8.音環境、9.高齢者への配慮、10.防犯への配慮。