不動産用語集

【路線価(ろせんか)】

路線価とは
路線価とは、相続税、贈与税、地価税の課税基準となる土地の価格のことである。相続税、贈与税の算定基準となる路線価のことを「相続税路線価」、土地の固定資産税評価額を決める時の算定基準となる「固定資産税路線価」の2種類がある。一般的に、路線価といえば前者のことを意味する。
路線価の決め方
路線価は、国税庁が選んだ全国40万の市街地の道路を標準地として、そこに沿った土地の1平方メートルあたりの評価額で、公示価格や売買実例価格、不動産鑑定士等による鑑定評価額を参考にして決定される。毎年1月1日を評価時点として、7月に公表されている。路線価格は概ね公示価格の8割程度で、敷地に接している道路が南側でも北側でも、路線価としては同一評価となる。そのため、土地購入の際の目安に路線価を用いる際には注意が必要である。
路線価の閲覧
決められた路線価は、これまで分厚い「路線価図」にまとめられて、国税局や税務署で利用者の閲覧に供していたが、現在では、過去3年分の路線価図を、国税庁のホームページから誰でも参照することができるようになっている。