不動産用語集

【マンション環境性能表示制度(まんしょんかんきょうせいのうひょうじせいど)】

マンション環境性能表示制度とは
東京都の「都民の健康と安全を確保する環境に関する条例」にもとづき、建設される大規模な新築または増築マンションの環境性能を評価して、その結果を不動産販売広告に表示することを義務付けた制度のこと。建築物環境計画書制度の一部として、2005年10月から始まった。
マンション環境性能表示制度の目的
同制度の目的は、以下の3つである。1.マンション購入者に対して、環境性能に関する情報を提供して、環境に配慮した物件を選択しやすくする、2.環境に配慮したマンションが、市場で評価される仕組みをつくる、3.マンション建築主の自主的な環境配慮の取組を促す。
対象となるマンション
同制度の対象となるマンションは、延床面積が2,000平方メートル以上の分譲または賃貸マンション(特定マンション)である。
評価のポイント
マンションの環境性能を、「建物の断熱性」「設備の省エネ性」太陽光発電・太陽熱」「建物の長寿命化」「みどり」の5項目について評価を行い、その結果を誰にでも分りやすいように、★印の数(三段階★★★が最高点)で表示する。