不動産用語集

【繰上返済(くりあげへんさい)】

繰上返済とは
住宅ローンなどの債務について、約定借入期間(約定返済期日)が満了する前に、毎月の返済額とは別に、借入金の全部またはその一部を返済することをいう。債務者自らの意思により行う繰上返済は、「任意繰上返済」と呼ばれる。一方、住宅ローンの借換えや、毎月の返済を延滞するなど金銭消費賃借契約に違反した際に、債権者から借入金の全額返済を強制される場合も、繰上返済が行われる。
繰上返済の種類
繰上返済には、約定返済期間はそのままで毎月の返済額を減額する「返済額軽減型」と、毎月の返済額はそのままで返済期間を短縮する「返済期間短縮型」がある。なお、返済期間を短縮すると、以後の借換えが思うようにできなくなることもあるので注意が必要である。
繰上返済のメリット・デメリット
繰上返済は、原則としてすべて「元金」の返済に充当されるので、利息の総支払額が軽減されることが大きなメリットである。ただし、繰上返済をする際には、多くの金融機関でその都度「繰上返済手数料」を徴収される。何度も繰上返済する場合には、手数料の額もバカにならないので、計画的な返済計画を立てることが重要である。