不動産用語集

【区分所有権(くぶんしょゆうけん)】

区分所有権とは
建物の区分所有等に関する法律(区分所有法)にもとづき、分譲マンションやビルの一室など、一棟の建物に構造上区分された数個の部分で独立して、住居、店舗、事務所、または倉庫その他建物としての用途にすることができるものがあるとき、その各部分を目的として成立する所有権のこと。また区分所有権が発生する建物のことを区分建物という。
専有部分と共用部分
区分所有法により、区分建物には専有部分と共用部分が次のように定められている。専有部分は、区分所有法において所有権の目的となっている建物の部分のこと。一般の所有と同じように扱われるが、専有部分が一棟の一部であることから共同の利益に反する使用は許されない。また専有部分の処分なども自由にできるが、敷地利用権をこれと切り離すことはできない。共用部分は、専有部分以外の建物の部分のことで、建物の構造上、区分所有者の全員またはその一部の共用に供されるべき建物の部分などが該当する。共用部分は、専有部分の床面積の割合で持分を有する。専用使用権とは、区分所有者などが、共用部分や敷地を排他的に利用できる権利のこと。