不動産用語集

【構造設計(こうぞうせっけい)】

構造設計とは
建物にかかる荷重や外から加わる力などによって、建物の安全性が損なわれたりすることがないように、建物構造に関する設計を行うこと。構造設計には、柱や梁など構造全般について検討を行う「構造計画」、荷重や外力などについての計算を行う「構造計算」、構造計画と構造計算にもとづいて実際の建築時に使用される「構造図作成」の仕事がある。
構造設計の進め方
まず構造計画の工程では、柱や梁など構造体の施工性やコスト面、建物全体のデザインである意匠設計や設備設計などとの統一性を考慮して、建物の構造全般に関する計画を作成する。次の構造計算では、荷重計算、外力計算、応力計算、断面算定などを行い、計画した架構、構造要素の性能や安全性が十分かどうかを確認する。荷重に対する床や梁の応力、地震や風圧に対する柱や梁、壁などの応力、大地震に対する検討などが行われる。構造計画、構造計算の結果にもとづき、最終的に構造図が作成される。一般的に構造図として、特記仕様書、標準仕様書、標準配筋図、床伏図、軸組図、リスト(基礎、基礎梁、柱、梁、壁、スラブなどのリスト)、配筋詳細図などが作成される。