不動産用語集

【公示価格(こうじかかく)】

公示価格とは
地価公示法にもとづき、国土交通省による土地鑑定委員会が、毎年1回公示する一定の基準日における標準地の価格のこと。例年1月1日現在の価格が、3月下旬に公示されている。公示価格は、土地取引関係者の特殊事情などを取り除いた自由な取引において通常成立すると考えられる1平方メートル当たりの「かたよらない価格」である。建物が建っている現在の価格ではなく、更地とした場合の評価価格である。なお、地価公示価格の動向については、基準値の価格が前年と比較してどの程度上昇、または下落したのか、変動率で示される。
公示価格の目的
公示価格の目的は、一般の人が土地取引や資産評価をする際の客観的な指標、不動産鑑定士による鑑定評価、公共事業用地取得時の価格算定の基準、国土法による土地取引規制における土地価格算定の基準とすることにより適正な地価の形成に寄与する、などである。
公示価格の決め方
まず、都市計画区域内のうち標準的な土地(標準地)を選定する。次に、当該標準地について1地点に2人以上の不動産鑑定士等が別々に現地調査を行い、最新の取引事例やその土地の収益見通しなどを分析・評価し、最終的に鑑定委員会が価格を決定する。