不動産用語集

【規制区域(きせいくいき)】

規制区域とは
国土利用計画法において、土地の投機的取引および地価の高騰が国民生活に及ばす弊害を除去し、かつ、適正かつ合理的な土地利用の確保を図ることを目的として設けられた土地取引規制制度の一つ。規制区域のほかに、事前届出制の注視区域、監視区域、それ以外の事後届出制の区域がある。
指定要件
規制区域指定の要件は、都市計画区域内における、土地の投機的取引が相当範囲にわたり集中して行われ、かつ、地価が急激に上昇している場合、またはそれらのおそれがある場合、都市計画区域外で、同様の事態が生じ、その事態を緊急に除去しなければ、適正で合理的な土地利用の確保が著しく難しくなる場合に、5年以内の期間を定めて都道府県知事が指定する区域のこと。
許可制
規制区域が指定されると、規制区域におけるすべての土地取引に伴う契約締結時には、都道府県知事の許可が必要となる。不許可となる基準は、取引価格とその利用目的について考慮され、区域指定時における相当な価格に照らして適正を欠くこと、土地利用計画に適合しないこと、投機的取引にあたること、以上の三点がある。