不動産用語集

【基本設計図(きほんせっけいず)】

基本設計図とは
建築主である顧客の建物に対するイメージや要望を(要求仕様)を、具体的な内容としてまとめ上げるために、建築物の基本的な大枠を確認するために作成される設計図書のこと。設計担当者はこの段階で、予算を考慮しながら建築物の構造形式や設備機器、仕上げ材料などについて検討を進め、工事費用の概算を算出する。それらの情報をもとに、建築主と設計担当者が、お互いの要望や意見を交換しながら、建築物の大枠を決めていく。
基本設計図の種類
基本設計図には、配置図、平面図、立面図、断面図、仕上げ表、面積表、軸組計算表、工事費概算書、などがある。配置図は、建物と敷地の関係を表した図である。外の道路との関係、方位や日照、門、塀、テラスなどのエクステリア、造園計画などについて記される。平面図は間取り図とも呼ばれ、建築主のライフスタイルが大きく反映される図面である。各階ごとの部屋の配置、部屋の広さ、生活動線、空気の流れ、日当たりなどを確認するための図面である。立面図は、建物の外観を東西南北の方向から見た外観図である。建物の高さ、窓の配置、外観の仕上げなど、外観上のイメージをつかむために作成される。断面図は、建物を垂直に切断して横から見た、縦方向の間取り図である。仕上げ表は建築物に使われる仕上げ材料の一覧表、面積表は各階の床面積、延べ床面積、建築面積、建ぺい率、容積率などについて一覧表にしたものである。