不動産用語集

【瑕疵(かし)】

瑕疵とは
ある物に本来備わっていて当然の機能、品質、性能が欠如していること。
瑕疵担保責任
民法の規定により、売買契約において対象物に隠れた瑕疵(建物の雨漏りや構造部分の欠陥など、外部から見ただけでは容易に見つけることができない欠陥)があったときは、売主は買主に対してその責任を負わなければならない。(売主の瑕疵担保責任)瑕疵にもとづき、買主が売主に売買契約の解除や損害賠償請求を行うことができるのは、買主が契約時に瑕疵の存在を知らなかった場合で、なおかつ、そのことについて買主の落ち度がない場合に限られる。
瑕疵担保責任の追及可能期間
民法では、契約後の瑕疵担保責任を追及できる期間についての定めはないが、買主が瑕疵を知ったときから1年以内に行わなければならないと規定されている。この規定にもとづき、特約で買主に不利となる別段の定めが設けられている場合にも、宅建業法においてそれは無効になると規定している。ただし宅建業者が売主の場合には、瑕疵担保責任の追及できる期間を「対象物の引き渡しの日から2年間」との例外が認められている。
そのほかの瑕疵担保に関わる動き
平成12年4月1日から施行された「住宅の品質確保の促進等に関する法律」の規定に基づき、新築住宅には瑕疵担保期間の10年間が売主に義務化された。また平成21年10月1日からスタートした「住宅瑕疵担保履行法」により、住宅事業者は保険への加入や保険金を預けておくことにより、倒産した場合にも瑕疵部分の修繕費用を確保できるようにしておくことが義務化された。