不動産用語集

【完了検査(かんりょうけんさ)】

完了検査とは
建築工事が完了した建築物について、特定行政庁(建築主事を置く地方公共団体のこと)または指定確認検査機関が、法令に適合しているかどうか行う検査のこと。建築基準法にもとづき、建築物の工事が完了したら、建築主は、災害などの特段の理由がない限り、工事完了の日から4日以内に特定行政庁あるいは指定確認検査機関に完了検査申請を行い、完了検査を受けなければならない。建築確認申請が必要な工事については、すべて完了検査が必要になる。検査は、当該建築物が、建築物の敷地、構造、建築設備に関する各種法令に適合しているかどうかの観点で行われる。
検査の結果
検査の結果、建築主事等が当該物件を適法と認めた場合には、「検査済証」が交付される。検査に失格となるケースとしては、実態違反と手続き違反の2種類がある。前者のケースは、法令に適合してない箇所がある違反で、手直し工事が求められ、その工事の完了をもって「検査済証」が交付される。手直し工事が適法に行われなかった場合には、当該物件は、違法建築物になってしまう。後者のケースでは、必要な計画変更確認申請の手続きをせずに、そのまま変更工事を行ったしまった場合に該当する。このような場合、検査済証の発行もされなければ、場合によっては何らかの行政処分を受けることになる。