不動産用語集

【監理技術者(かんりぎじゅつしゃ)】

監理技術者とは
建設業法にもとづき、建設工事において、施工計画の作成、工程管理、品質管理その他の技術上の管理および工事の施工に従事する作業者を指導監督する役割の技術者のこと。
専任技術者の配置
建設業法にもとづき、公共性のある施設もしくは工作物又は多数の者が利用する施設もしくは工作物に関する重要な建設工事で、2,500万円(建築一式工事で5,000万円)以上の案件を受注する際に、受注元請業者は専任の技術者(主任技術者又は監理技術者)を工事現場に配置しなければならない。
監理技術者の配置
建設業法にもとづき、公共性のある施設もしくは工作物又は多数の者が利用する施設もしくは工作物に関する重要な建設工事を請負、そのうち3,000万円(建築一式工事で4,500万円)以上を下請契約して工事施工する場合における監理技術者は、元請業者と直接恒常的な雇用関係があり、「監理技術者資格者証」の交付を受け、国土交通大臣の登録を受けた講習受講者の中から選任、配置される。監理技術者は、業務の時間中、監理技術者資格者証の携帯が義務づけられる。
資格要件
監理技術者の資格要件は、建設業関係28業種の国家資格保有者であること。このうち指定建設7業種(土木工事、建設工事、電気工事、管工事、鋼構造物工事、舗装工事、造園工事)以外であれば、別に定められた実務経験によっても監理技術者になることができる。