不動産用語集

【替地(かえち)】

替地とは
代替地ともいう。公共の利益となる事業のために、土地収用法にもとづき収用された土地またはその土地に関する権利(所有権は除く)に対して、補償金のかわりに提供される土地または土地に関する権利(所有権は除く)のこと。民間会社が一般のビル建設や開発事業などを行う際に、当該事業区域内の土地所有者が金銭での用地買収に応じない場合に、同事業者が代替性のある土地を提供して用地を収用する場合にも使用される。
公共用地の買収の対価
公共用地の収用による損失の補償は、補償金で支払うのが原則であるが、土地所有者または関係人からの要求があり、土地収用委員会がその内容を相当と認めた場合には、替地により補償されることがある。土地の流通市場が十分に発達していれば補償金による補償で問題はないと考えられるが、ダム開発などにより生活拠点そのものが失われる場合や、公共事業により土地価格の上昇が見込める場合など、生活の安定的再建や不公平感是正のために、替地が提供されることがある。替地には、収用する土地の地目や地積に対応していることが求められる。