不動産用語集

【重要事項説明書(じゅうようじこうせつめいしょ)】

重要事項説明書とは
宅地建物取引業法第35条(重要事項の説明等)にもとづき、不動産取引において、宅地建物取引業者が取引当事者に対して説明する、物件内容や取引条件などに関する重要事項を記載した書面のこと。「重説」とも呼ばれる。取引当事者は、重要事項の内容を契約するかどうかの判断材料とすることができる。
重要事項説明書の記載内容
1.対象となる宅地や建物に直接関係する事項(1.登記、2.法令による制限、3.敷地と道路の関係、3.私道負担、4飲用水、電気、ガス、排水施設、5.土地や建物の形状および構造、6.造成宅地防災区域内か否か、7.土砂災害警戒区域内か否か、8.石綿使用調査、9.耐震診断の内容、10.住宅性能評価書交付の有無)、2.取引条件に関する事項(1.代金以外に授受される金額、2.契約解除、3.損害賠償・違約金、4.手付金等の保全措置、5.支払金、預り金の保全措置、7.瑕疵担保責任の履行措置、8.割賦販売、3.その他の事項(1.供託所等)、マンション等の区分所有建物の場合には、さらに、一棟の建物またはその敷地に関する権利、管理、使用に関する事項が記載される。