不動産用語集

【住宅ローン(じゅうたくろーん)】

住宅ローンとは
個人が土地や建物などを購入、新築、増改築、既存の住宅ローンの借り換えなどを行う際に、金融機関から受ける融資制度のこと。融資を行っている金融機関は、銀行や生命保険会社などの民間金融機関と、住宅金融支援機構等の公的機関に大別される。
貸出条件
貸出条件として、借り手に安定した収入があり信用保証会社が連帯保証を承諾することなどを最低条件に、取扱会社ごとに、貸出金額、年齢、年収、勤続年数、頭金、団体信用生命保険加入などの個別要件を定めており、融資を受けるためにはこれらの審査に可決する必要がある。
金利
融資金利には、定期的に金利が変動する「変動金利型」、初期の金利が完済時まで固定された「全期間固定金利型」、一定期間は固定金利で、以後はその時点の固定あるいは変動金利に変更される「固定期間選択型」「固定金利特約型」などのタイプがある。一般的に利用される「元利均等返済」の場合、できるだけ早期に増額返済(繰上返済)することにより、利息負担を軽減することができる。住宅ローンの中には、個人に対して直接融資を行う「非提携住宅ローン」のほか、金融機関が特定の宅建業者等と提携して斡旋融資を行っている「提携住宅ローン」がある。