不動産用語集

【実測図(じっそくず)】

実測図とは
実績図とは地積測量図の通称のこと。地積測量図とは、土地家屋調査士などによって土地を実際に測量した地図のことをいう。地積測量図を作成する目的は、土地の位置関係を明確にして公示することと、地図上には表示できない土地の詳細について正確に公示することである。
地積測量図の記載内容
地積測量図には、方位、測量をした土地の地番、隣地の地番、地積とその算出方法、距離寸法、境界標(境界標がない場合には近くの恒久地物との位置関係)などが記載される。
地積測量図と不動産登記
昭和35年の不動産登記法の一部改正にもとづき、土地表示に関する「土地表示登記」「土地分筆登記」「土地地積改正登記」の申請をするときには、地積測量図を添付することが求められた。提出された図面は、法務局(登記所)に永久保存され、登記簿の付属書類として閲覧することができる。おおむね昭和40年前後以降に上記登記申請がなされた土地については、地積測量図が保存されていると考えられる。古い測量図については、最新の測量方法に比べて測量制度がわるい場合があるため、実際には参考程度にしかならないこともある。