不動産用語集

【地形(じがた)】

地形とは
じがた、じぎょう、ともいう。特定の土地の区画(形)や、傾斜・起伏などの状態のことをいう。有効な土地利用のためには、傾斜なく平坦で、その形は正方形や長方形など方形であることが望ましい。方形以外の土地は不整形地と呼ばれ、三角形、カギ形(L字形)、ウナギの寝床形などがある。道路に接しており、高低差がなく正方形に近いものが最良の地形とされ、土地の価格、固定資産税や相続税の評価額も一般に高くなる。
地形にあわせた建築
じがた、じぎょう、ともいう。特定の土地の区画(形)や、傾斜・起伏などの状態のことをいう。有効な土地利用のためには、傾斜なく平坦で、その形は正方形や長方形など方形であることが望ましい。方形以外の土地は不整形地と呼ばれ、三角形、カギ形(L字形)、ウナギの寝床形などがある。道路に接しており、高低差がなく正方形に近いものが最良の地形とされ、土地の価格、固定資産税や相続税の評価額も一般に高くなる。東京では、中心部(一本路地裏に入ると)の方が、道が曲がりくねっていて、狭く不整形な土地が以外に多い。新しく造成された郊外の分譲地は、整然とした整形地形である場所が多い。