不動産用語集

【居抜き(いぬき)】

居抜きとは
建物内部の設備や家具、什器備品などを付けたままの状態で売買や賃貸借する不動産取引のこと。身近なところでは、飲食店、美容院、店舗、旅館、工場などにおいて、営業用の設備、業務用の機器、装飾品など、不動産に経済的価値のあるものを付けたままで売買、転貸、賃借権の譲渡などとして行われている。またビルやマンションなどの売買において、中の賃借人が付いたまま売買されることを「居付き」と呼ぶ。
メリットとデメリット
「居抜き」のメリットとしては、不動産取得のほかに新たな設備投資をする必要がないため、初期費用を低く抑えることができる、事業開始までの期間を短縮することができる、以前の顧客を継続して取り込める可能性がある、などが上げられる。一方、デメリットとしては、間取りなどレイアウトを自由に決められず構造的な制約がある、建物や既存設備の老朽化によるトラブルが生じることがある、以前の店舗のイメージや評判に引きずられることがある、などがある。
チェックポイント
「居抜き」物件の売買時には、造作譲渡契約、資産譲渡契約を締結して、内部造作の所有権を入手しておくのがよい。そうすれば、後々事業の方向転換や撤退したい時に、自由に売却することができる。